めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー

<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

メダカ屋さん

ここ2~3年…
全国にメダカ屋さん続々誕生。
メダカ協会、松山姫だるま支部の中でもメダカ屋さん4件?5件?
埼玉、群馬、メダカ屋さん続々出展。

思い出すに…自分がメダカ屋になる前は
メダカ屋さんはあったのだろうか…

私の知っている限りでは、メダカ通販をしている店が1件。
インターネット販売をしている店が1件。
その当時、私は手に入るものは何でもほしがった時代である。
その気持ちの中で覚えているのが、その2件である。
その数年後に私もインターネット販売を始める。
当時ネット販売をしていたのは私の先輩Kさん。そして私。
だったように思う。

それから数年たち…関東で大きくネット販売を開始したメダカ屋さんがあります。
その後数年後、広島でメダカ通販が始まりました。
現在、メダカ通販店は何百件あるのだろう。メダカ販売店は何百件?

昨日も名古屋から訪れた方がメダカ販売を始めるとの事。
色々な話をし、一言だけ。
「どうせやるなら、メダカ協会と一緒に流れてゆくメダカ屋をされてはいかがでしょうか?
理由は色々あるにせよ協会の動きに、協会の流れに乗って一緒にやっていきませんか?」
彼も即同意し、協会に入会。

今年、九州で組合員がメダカ屋オープン。
広島で現在メダカ通販店をしている2人の方も協会に参加。

メダカ販売にかかわる人たち。
色々な思いがあるでしょう。
一時的な商売でやる人、単なる小遣い稼ぎになればと思う人
定年退職後に小遣いになればとやる人、職を失い憧れだったメダカ屋をする人
定年前に本業を捨て本気でメダカ屋をする人。
昨日も言いました。
「2~3年で終わる商売ですか?10年やりたいのですか?」

色々な思いの人たちがメダカ屋を。
とても楽しそうに思えるメダカ屋。
現在ルールの無いメダカ屋。
やりたい放題である。
ルールがないからやりたい放題。
このメダカがたんなる一時的ブームで終わる。

ブームであってはならない。文化造りだ。

作りましょう。楽しみましょう。
メダカ仲間とメダカ文化。

人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-23 17:07

はじめて知った。

この歳になって、初体験。
もともと神、仏、星座、血液型、占いたるものハナから興味が無い。
朝やっているテレビの占い、ラジオ占い…耳障り。
自分は現実のみ。見たもののみ。
現在から未来への希望。
それは自分で作るもの。
なんてカッコイイ事言うつもりは無いけれども
ようは自分の人生は自分で努力してゆく。
運もあるけれど、運は作るものだと思う。

ひとつ自分に神、仏の言葉があるとすれば…
中学高校時代に仏法をひたすら勉強した。釈迦の教えである。
心が、人間がよごれていない時代に仏法をじったことは非常に良かったと常々思う。
子供達にも自分にもここ約40年釈迦の教えにしたがって言い聞かせてきた。

しかし今年、ある人が訪れる。
詳しくはわからないのでうまくはいえませんが突然訪れました。
私のの尊敬する人の紹介である。

目の前に座り、「あなたの生年月日は?」
うるさそうなおっさんです。
ほとんど人のの目は見ない。本も見ない。生年月日をきいただけ。
私のことをぺらぺらと喋りだす。
私自身は「おつきあいだ…はやくメダカとお付き合いしたな」
と思っていたのですが…

初対面ですよ?
私の生活、数年前~巣十年前の色々な事件をずばりあてる。
わたしの性格を言いたい放題いいまくった。
だがそれが9割あたっている

数年前、あなたは最悪な年がありましたね。
いいかげんな事を…とおもいながら
メダカ村はじまっていらいの大事件が数ヶ月続いた。
そのことをずばりいいあてる。
来年のこと、数年先のこと、色々はなした。

疑り深い村長。
はなから疑がっていたのであるが、コテンパンにやられた。
なぜなのか、どういうわけなのか、今年は私の最良の月らしい。
2ヶ月前より最良の月でありとの事。彼とであったのもその月。

その後
何十年苦しんでいた色々なことにチャンスが訪れ、水の流れのごとくチャンスがくる。
これは偶然なのか。
かれが言ったとおりになった。
神、仏を信じない自分、それがここ数ヶ月、色々な事がとんとん拍子に進んだ。
現在も進んでいる。なんだろうこれは。

今日紹介するr本は、その人とは関係ないのですが別の方よりいただいた本である。

f0054079_17302584.jpg


人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-19 17:26

疑ってみる ②

幹之メダカの遺伝について

昨日述べたF2にて強光メダカが産まれた。
約200種のうちの1~2水槽において強光が産まれた。
他の水槽においては99%ヒレ遺伝、点光遺伝、幹之の影がチラチラ見えた程度。
それであれば、強光が産まれた水槽はありえない。
昔は喜んだ。
今はありえない。
できるだけ拒否するように疑ってみる。

幹之メダカが発見され、このメダカの素晴らしさに、日本中のメダカ愛好家が色々な事を思い交配していると思う。
村長、どうしても作りたいのはピュアブラックに幹之の光。
現在200種交配において幹之の光の遺伝、黄色素には幹之は反応していない。
イコール、茶、黄には幹之の遺伝が確認されていない。(これは私が今日まで見た体験の結果)
ピュアブラックとは、白と黒の色素である。
黄色が入っていないのである。
幹之は白と青には光がのる。
であればピュアブラックに幹之の光がのることは可能だと思い、小錦、黒べえ、小次郎、弁慶と交配はしてみた。
F2の結果、いまだヒレ光である。

さて、ここで一つ疑問がある。
ピュアブラックは青メダカではあるが、パープルブルー(紫青)。
現在の幹之においてパープルブルーに幹之光の遺伝は確認されていない。
全国で誰が1番早くピュアブラックに幹之の光を遺伝さすのであろう。
情報があれば即メダカ村まで。
全国に紹介しますよ。
写真をお送りください。
できれば現物の写真を撮らせてください。
来年のめだかの館のカタログにて紹介します。

幹之発見後、唯一幹之の交配に成功した兵庫県長岡龍聖さん。
アルビノと幹之を交配。
そしてアルビノに幹之の光遺伝。
今年の秋の品評会に出品。
そしてそのメダカはメダカ村に。
村長が知る限りであきらかに幹之の遺伝を確認したのはアルビノ幹之。

アルビノにはなぜ遺伝したのか。
専門知識の無い村長が思うに、アルビノとは色素を持たないメダカである。
なぜ目が赤いのか。
まっそれは皆さん勉強してください。
色素をもたないから遺伝したのではと無学問村長は思います。
このブログを読んでくれている皆さん、幹之メダカの最新情報。
ぜひメダカ村に、村長に。

F2メダカの確認時、良い方に考えるのではなく、疑う心を持ちながら選別し、自分に厳しく珍種メダカを。

今日の写真は、日本メダカ協会兵庫支部バカポンさんを紹介します。
画家であり、作家であり、板金であり、わけのわからない世界の人であり、いろんな事を体験された人であり、とんでもない人とのお付き合いあり。
略歴を紹介します。
暖かい人柄です。
どうぞ皆さんも龍聖邸を訪れてみてください。
f0054079_1710436.jpg


人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-17 17:05

疑ってみる

毎日、新種交配を求め1対1交配をセットしてみる。
毎年、200~300は交配していると思う。
単純ではあるが交配ノート7~8冊目。
毎日早朝F1、F2、F3、F10など10~20水槽をチェック。

昔はこうであった。
F2において結果がでる。
A×B=ABというメダカ。
メンデルの法則によれば200分の1の確率で1匹産まれる。

昨年、幹之×異種交配を約200種やってみた。
F2チェックにおいてヒレ光、点光、強光あり。
体色遺伝はほぼ無い。
ヒレ光はほとんどあり。
それでは、強光はなんだったんだろう??

ここ数年、村長疑心暗鬼。
F2で幹之強光が遺伝する訳が無い。
交配の失敗であろう。
雄雌の失敗であろう。

疑う理由その①
選別網を共同で使っている。
各水槽が近いため、隣の水槽への飛び込み。
雄雌の選別の間違い。
雄雌の性転換、メダカ界にありえる性転換(S~M寸において雄雌を選別した場合、雄雌の選別間違い、メダカ界における知らない世界で性転換?????)があったと考えてもよいと思う。

みなさんはF2を見るときに良い方に考えると思う。
村長、ここ数年すべて悪い方に考える。
厳しく未来を見るために疑ってみる。

そんな風になってしまった現在の自分である。

それでいいと思う。
それが正しいと思う。

この話、非常におもしろい。
お話したい事がたくさんあります。
いい加減ではありますが、明日へ続く・・・

ちょっとだらけて、みなさんのメダカ交配楽しんでください。
夢を持ってください。

だけど、疑ってください。

人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-16 17:35

さつき研究

今月発売の月刊誌。「さつき研究」
12月号に村長が掲載されました。
f0054079_17182532.jpg

この記事を書いた記者とはなぜか気が合い
広島、栃木において食べ歩き、飲み歩きをよくしました。
今回の記事も数年前にさつきセンターを取材に訪れたときの写真です。
記事の内容は全て彼が見たまま、思ったままを書いていただきました。
f0054079_17185125.jpg

メダカには関係ないが、村長の違う姿。
現在でも盆栽の世界は進行中。
この言葉、二十年来言い続けた言葉である。
好きな言葉です。
f0054079_1719535.jpg


人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-15 17:19

九州のメダカ仲間

九州福岡に小宮氏あり。
寺子屋ニックネーム「風来坊」
年は私より上であるが
二十数年前(?)出会ってからこのかた
盆栽で、呑みで、カラオケで…
村長の人生においてこれほど心が通い
私から言うのは生意気ですが
お互いの動きがわかる。
やろうとすることがわかる。
目指すこともわかる。
先輩に対して失礼なことであるが、なぜか生涯で一番。
唯一一番気持ちが合い、心が通っている2人である。

私がメダカを始めた頃…
ゼロの段階から彼は私の全てを見てきた。
福岡ではあるが、半年ほど当店で生活をともにしていた。
だから、ゼロからのスタートを知っている。
私が盆栽のはさみを置き、メダカに没頭。
はさみを網に変え、三年間メダカ小屋に閉じこもった時代を見てきた彼である。
この話、あまりにも長くなるのでここで置き…
こんな新聞をいただきましたので紹介します。


f0054079_1774058.jpg



日本メダカ協会九州支部の会員である山下さんが今年メダカ屋をオープン。
村長心より大歓迎。
やっとこれで小宮メダカを正式に血統を保ち販売するメダカ屋さんの誕生です。
協会とつながっているメダカ屋の誕生です。

山下務さん。彼との出会いも後日はなすとして…
穏やかな人柄です。
先日、九州支部結成一周年記念忘年会に広島支部より6名で参加。
そして八女のメダカ屋さんを見る。
おとっつぁんどうでもいい。奥さんがいい!!息子はもっといい!!
親父がいなけゃ最高!!
なんて冗談を言いながら、店の雰囲気は几帳面である。性格丸出し。
この店の中に館の系統。スーパー小宮系統。多々あり。
すぐそばの工房にて、息子さんが漆工芸、マキエ工芸あり。
息子さんとも会話。おやじに似ず超イケメンなり。
穏やかな人柄。村長は職人が大好き!!
メダカはほったらかしですぐに工房におじゃまし、あれこれ見学。
そして息子さんともおしゃべり。
環境抜群である。
メダカも筋が通っている。
村長本気で思う。
九州の中に唯一、メダカ協会会員である彼がメダカ屋を始めたことは
これから大きな協会の動きに一役も二役も邁進するであろう。
いや、あるはずだ。

九州地方の方で、このブログをご覧の方
一度八女のメダカ屋さんに足を運ばれてはいかがでしょうか。
新聞そのままのお顔の方です。
どうぞお気軽に立ち寄ってみてください。

人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-13 17:06

少年との出会い②

その日、彼が持ってきた価格表を紹介します。
8年前の平成13年7月。めだかの館価格表。
少年の話よりこの価格表の話になりそうです。
この場をかりて、過去のメダカの流れ、歴史、ネーム。十数年のメダカ界の流れ。
村長の知っている限りを、この100年メダカで話してみたいと思います。
このことについては突然思ったのではなく、はるか前より思い続けたことであり
いつかは話さないといけない事が沢山あります。
日本メダカ協会も設立され、メダカ文化発展のため色々な動きが、決め事ができると思います。
それにおいて何かの役に立てばと。
思うことはただひとつ。
「真実を伝えたい」

8年前の価格表です。

f0054079_1721626.jpg


どの種類においても基本体色の茶、黄、白、青。
面白いのがNo、9の黒めだか。No、19の黒ヒカリメダカNo、29黒ダルマヒカリメダカ。
平成14年発売予定とある。
面白いデータである。
イコール、ピュアブラックを各種メダカと交配しピュアブラックヒカリダルマ「弁慶」
を造る過程がこの価格表から見える。
基礎体色の4色以外はこの黒メダカしかない。

No、30に赤目メダカとある。
1匹2万5千円…
No、33の赤目ダルマヒカリメダカ
13万円。
イコール、アルビノメダカのことである。
メダカ体験記をよんでいただければわかると思いますが
アルビノメダカを1匹3万円で10匹購入したように思います。
その後、数年かけてアルビノヒカリダルマメダカが完成したときだと思います。
翌年発売とあります。

少年(デコトラ君)が持ってきてくれたこの価格表より色々な思い出が…
彼も高校時代にピュアブラック作出にずいぶんと力を貸してくれた。
そして現在、私とはあまりお付き合いは無く、メダカ村の若い衆とよきメンバーになり交流。
人との出会い、ひととのつながりのなんと楽しいことであろう。
この小さな動きのひとつひとつが100年メダカへ。
今後も毎年の価格表、カタログ、メダカの流れ。
すべてデータある限り、100年メダカに記録を残したいと思います。
どうぞこれからも応援宜しくお願いします。

人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-12 17:18
本日、会員の皆様にお送りしました日本メダカ協会会報No2.
カラーによる15P。内容について。
・秋の品評会。
・メダカの飼育
・メダカ愛好家お宅訪問
・イベント情報
・支部の紹介
・最新情報
・東海支部設立(会員の写真入り)

製作、構成はメダカ協会理事長、清水誠氏。
にて作成。
印刷、出版は事務局で行いました。
しかし、大変でした。
理事長は100倍は大変だったと思います。
まじめな性格。
だれ一人頼らず、一人で製作。
毎回頭が下がります。

理事長、ご苦労様でございます。

本日無事に全国の会員のもとへお送りしました。

さて、グチを一言。
カラーコピーではあるが、9枚16P。
200を超える部数を印刷、折込、製本、封書。
4人で朝から3時までかかります。
愚痴で申し訳ないが、非常につらい。
出来立ての協会である。
運営費が裕福にあるわけではない。
ましてや製作した理事長は全て無報酬である。
事務局であるめだかの館。
スタッフ全員一日がかりで送付。
年4回出版の会報。これで2回目。
来年度までにもう2回出版。

100年メダカ、1歩1歩である。
2~3日後にはヤマト便にて協会会員の皆様に。
どうぞお楽しみに。

村長、めったに言わない愚痴をちょっと…

f0054079_17102413.jpg


人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-11 17:10

少年との出会い

前回からのつづき変更申し訳ない。
カタログについてはネタ盛りだくさんにて後日報告。

今日はある少年との出会いについて。
最初は家族で訪れたのだと思う。
その後彼からめだか村にTELあり。
”行きたいのですが”
高校生である。
車で40分の距離である。
在来線で来るのである。
くるのであれば村長、駅まで出迎えに。
なんでそうなったのであろう。
高校生、メダカ選別終了後、駅まで送っていった。
その高校生、今村長のそばに。
その当時のめだか村の価格表を持って今日突然現れる。
25歳である。
寺小屋掲示板では”デコトラ”ニックネームにて参加。
独特の性格である。
今治の”メダカ命”さんとなぜか気が合い、交流深まる。
この子の話、多々あり。
本日、紹介にて。

人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-10 16:56
この年も平成19年。
やはり、カレンダーとしてカタログ作成。
無料にて配布。
まずはこの表紙を見てください。

f0054079_1751240.jpg


95%以上清水理事長によるものである。
さて、めだかの撮影であるがたかが30ページのカタログを作るのに清水理事長(今後マコトとする)。
マコト君、カタログ任された以上、1年のうちに何十回も訪れ各種メダカをチェック。
最高メダカの選別、そして撮影。
さて、このカタログを作るために何十万回のシャッターを押しただろうか。
その後にはマイカメラを購入。
大枚をはたいてデジカメ一眼レフ。
さて、メダカの撮影においていつが一番メダカが美しいのであろうか。
成魚、L寸、LL寸、そして秋。
婚姻色が現れる秋。
村長、常時親メダカ何百水槽管理。

すいません。
遠方からの新客来店。
明日に続く・・・

人気blogランキングへ
by medakanoyakata | 2009-11-06 17:41