めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata

2006年 06月 11日 ( 1 )

新種?珍種??

珍種を発見して交配、F1作り、F2で遺伝、遺伝率?%。
F3で?%、F4で?%。

遺伝率を固定率と考え、何%固定すれば珍種が新種になるのか。

ピュアブラックを発見してはや5~6年。
今だかつて2~5%、そして1%未満のとき、突然50%80%
まったく安定して生まれてこない。
ピュアブラック系、各種スモールアイ系、新種ではなく、今だ珍種なのかな?

前日のブログで紹介した、スカイブルースモールアイ、突然の約70%。
今年のF1作の中で、?×透明燐で突然、透明燐スモールアイの大集団(ダルマ含む)、先ほど身体検査終了。
親の顔が見てみたい、と言うぐらい色々な透明燐スモールアイ。
メスほとんど産卵中。どんな子供を産んでくれるのかな?
村長ニタニタ~~。

結局、交配している親メダカが、純粋種でないんですヨ。
だからF1でメチャメチャの子供が生まれるのかな??

純粋種と言えば、メダカ村がすすめている血統書付メダカ。

白メダカ×白メダカで、何匹白メダカが生まれるのか。
99匹が白で、1匹がシルキー白メダカ(薄い黄が尾びれに入る)。
村長はそれがダメなんです。
その白メダカには、まだ黄の色素が残っているから、シルキーメダカが生まれるんです。

メダカ村出身の”ピュアホワイト”。
全種類、普通種、ホタル、ダルマ、ホタルダルマ、何千匹産んでもシルキーは出現しません。
それなら純粋種でいいのでは??

メダカの価格がどんどん下がっています。
安売り戦争です。
逆の発想はないものか。
苦労してむずかしい純粋種を作り、高くても自身を持って販売しよう、とは考えないのかな?

メダカ文化を作ろうとする人達。
また、逆の人達。
人生色々、考え色々。

100年メダカ、文化の発展。
夢に終わってしまうのか、、、、、。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2006-06-11 17:06