めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

もしもアナタに

メダカ愛好家の方は新種メダカと出逢い、このメダカは過去地球上に存在しなかったメダカか!?
そんなことを夢みながらメダカを飼育されている方がほとんどでしょう。

そのメダカ発見後、数年かけて個体率を上げ世に発表したとします。
そのメダカが当然日本全国に流通します。
数ヵ月後には、そのメダカは様々な方法により販売されます。
時には名前を変え、いかにも自分が作出したようにして販売されます。

それが現在のメダカ界の現状です。

もしあなたがそのような事を体験したらどんな気持ちになりますか?

改良メダカはすごい勢いで全国に広まっています。
発見した人。
固定化した人。
認めてほしいですよね。

そしてそのメダカに作出者のメダカネームを置いて後世に残したい。

現在色々な趣味がありましょうが、このメダカ文化は非常に面白い。
楽しくこのまま続けたいと思います。

幹之メダカがたかが2年で100円に。
他人事ではないのですよ。

今後、ゆっくりと現在のメダカ流通において続けたいと思います。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-02-15 17:28

ふと思う

幹之メダカ、愛媛県の菅さんより発見され品評会に出品。
その後めだかの館に預けて頂き、進化への交配を続けました。
過去にない体験でした。

ヒカリメダカにヒカリが入る。
それは腹の虹色細胞が背中に移動するからです。
そして尻ヒレが背中に移動し、尾びれが二枚になり四角形に。
これは地球上にない貴重な魚の体型。
私がメダカ界に入った時にはヒカリメダカが既存していました。

その後7~8年のちに普通種の背中に光が入る(=幹之めだか)が発見されました。
新種メダカを追い続ける私にとって、待ち焦がれたドリームメダカでした。
一年間幹之メダカに費やしました。
交配ナンバーは200を超えます。
そして現在、F2→F3→F4を追い続けています。

この幹之メダカ、2年間の間に驚異的な進化をとげ…
スーパー光(尾ビレから頭まで光が入る)。
体内光。
体内黄光。
色々な光の幹之が産まれてきました。

そして愛知県のT様より幹之のスーパーセットがメダカ村に。
そのセットの中には強光、スーパー光の普通種、ダルマ、ヒカリ、ヒカリダルマ。
全ての体型のそろったセットでした。

幹之の体色遺伝は今のところ確認されていません。
ただ一つ、アルビノに幹之の光が遺伝しました。(兵庫県長岡様メダカ品評会出品)

どんなにかこのメダカ文化において幹之メダカが刺激を与えてくれたか。
私にとってはドリームメダカである。
ピュアブラックヒカリダルマ「弁慶」の背中に幹之の光をと思いつつ
日々早朝一時には起床します。
夢を追い続ける自分があるから勝手に目が覚めます。

約200種と交配した幹之メダカ。毎日チェックします。
ほぼ結果はでていません。
残念の連続です。
新種メダカ作りにおいて成功とは
計り知れない努力の積み重ねにおいて一種の新種と出逢えれば最高の成功です。

そんな時です。
あるネインタ―ネット通販店において幹之メダカと酷似したメダカが販売されていました。
「メタルタイプ(普通種)」と表記された個体です。
やはり出たなと思いました。

村長はインターネットはほとんど観覧しません。
ネットは必要ありません。
ネットに惑わされたくないのです。
しかし、お客様より情報がバリバリ入ってきます。
そこにおいて初めてその情報をもとにネットを見ます。
やはり…とは思いつつ現在の日本の法律上においてとやかく言える筋合いではありません。

つい先日幹之に酷似したメダカが100円にて販売されました。
この行動においては村長の心中において富士山大爆発です。

これがまかり通ってよいのであろうか。
野放しにされてよいのであろうか。
もしこのメダカが幹之と同一品種であったとすれば
この行為は許されるのであろうか。


また明日からも日々繰り返されるメダカ文化構築において
自分のやっていることは何なのであろう。
数年かけて作ったメダカ文化がある業者により一秒で崩される。
それが現状です。

みなさんはどう思いますか?


メダカ界のスーパースター「アルビノメダカ」
私は一匹30,000円で購入しました。
そのメダカ数年後には100円メダカに。


痛い思い、悔しい思い。数々体験しました。
私たちが勧めるドリームをこんな形で崩され続けて行くことについて…


私はこれからも続けます。
いかなることがあろうと続けます。

続けましょう、作りましょう、楽しみましょう。
メダカ文化とメダカ仲間。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-02-13 17:40

長年の思いを

偶然ではあるが現在のメダカ改良の世界に携わっていた自分。
偶然か何かわからないが数々の新種メダカと出会い発表。
かれこれ12年。
ピュアブラックをはじめ、楊貴妃まで。
そして長年の思いであったメダカ文化構築。
村長ドリーム、”日本に第三のメダカ文化”のために日本メダカ協会設立。

長年思ってきた。
本当は言いたかった。
ネット上で販売力のある業者に協会へのメダカ文化への誘いをずいぶん試みた。
何度か人に頼み、お願いしてみた。
後一歩までいった。
しかし却下された。
ある業者は七年前に無視された。
このことは後日ブログでお話します。
ある業者は今月末ごろ却下。

現在この不況の中でメダカ屋が全国に乱立中。
メダカでひと稼ぎ。
なんなのだろう。
ある業者に言われた。
”私は食い逃げをします”
食い逃げとはブームにのり、ルールはくそくらい。
販売した者の勝ち。
案の定、その店はしほぼ閉鎖しかかっていた店を大発展にまで遂げる。
そんなこんなで村長がメダカで体験した十数年を他業者を交え、新種メダカのことを交え、メダカの名前がどのように変化していったか村長から見た改良メダカ界の歴史を近々話します。
現在、年号を調べ中。
結果でき次第十数回にわたって語るであろう。
100年メダカを通じて村長から見たメダカ界を語りたい。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-02-03 17:39

久々の愚痴

久々にパソコンを開いてみた。
世間のメダカ屋さんはどうであろうか。

あるメダカ屋さんで紅メダカを発見。
紅ヒカリメダカ1,500円。
写真を見る。
紅メダカとは似ても似つかない写真が掲載。
それが1,500円とあります。

当店では現在も10,000円です。
紅というメダカがどういういきさつで、だれの手によって、どれだけ厳選されて品評会に出品され当店から発売されたメダカであるか。
現在も紅メダカの注文があれば100匹中数匹しか出ない紅メダカの名に値する個体を選別しお送りしています。

なかなかないメダカである。
数ヶ月かけて数匹しかできない個体である。
数年かけて作ったメダカである。
それがいとも簡単に他店のホームページで1,500円とある。
いかなるものか。

他店の通販サイトにても昨年末より、発売された新メダカ。
はっきり言って幹之メダカである。
幹之メダカを普通種光として販売。

このような業者にははっきり違いがある。
かたや努力をしないで名前のみを利用し低価格にて販売。
かたやもう一方は名前は変更するが、そのメダカに近付けるように努力する。
いずれにしても名前のコピーである。
メダカのコピーである。

紅を作出した九州の小宮さん。
それを受け継いだ村長。
メダカ界発展のために新種メダカを発表し続けている自分たちの努力は、このコピー業者により崩される。
この戦い、この思い、何年続いただろう。
100年メダカを見てくださっているみなさん、ご意見をお願いします。

日本メダカ協会に託すもの。
真実の伝達を。
文化の伝達を。
協会のよい発展が100年メダカへの道のりです。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-02-02 17:26

幸運暦

幸運暦。
これと出逢ったのは昨年の中ごろ。
以前からお付き合いしていた人が突然この世界の師匠をメダカ村に。

以前も話したが私は神仏、運命とは興味が無い。
運命とは自分で切り開くものである。

幸運とは努力の上に自分でつかみ取るものである。
そんな自分にその先生の眼の前に座らされ、
生年月日を聞かれただけで私の目を見ることもなくペラペラごちゃごちゃと言いたい放題。
カチンと来ることも数々あり。
私の悪い性格を言われ納得することも多々あり。
ただ「はい」と言っていた自分がある。

どうせ当たらないのだから早く済めばいいな…

その後、先生とは何度かお会いしお弟子さんからも度々話を聞いた。
今になって思う。
その日からである。そのころからである。
十年~二十年…自分が思い続けてきた夢。
このメダカ村がこうなれば、このようにしたい、こんな世界になれば…
私が亡くなったとしてもその時にだれが来ても楽しめる世界を。
と、思い続けてきた。
ある時ヒョンな一本の電話より夢への扉が開く。

その後、着々と夢への話が進行中。
それでは書いてみよう。村長ドリーム。


メダカ村の近くの山を手に入れ1、00本桜を植えこみ春には山をピンクで染めたい。
そのそばには100本の山紅葉。秋にひあ山を紅く染めてみたい。
芝桜を多数植え込み山をピンクに。

そばの川では清流にアマゴ、毛ガニ、ウナギ、ハヤ…多数のメダカ。
子供たちが川で遊ぶ世界。
川岸の大木にはブランコとターザン。
夏には川を草と石でせき止め水遊び。

山の頂上には見晴らし台があり、山の中腹には木の上に秘密基地あり。
メダカ村より頂上までにはエアーライフル射撃場。
弓道、フリスビー場などなど誰でも楽しめる施設。

山道脇には季節の山野草。
遠方から来られたメダカのお客さまが一日たっぷり楽しめる環境を。
数年前より始めた蛍の放流はほぼ完成しつつある。


さて、どこまでできるだろう…
村長の頭、メダカ村ドリームに向かって驀進中。
かなえたい夢である。
幸運暦によりひとつのきっかけで十年~二十年思い続けたドリーム。
今年の春までには、五月品評会開催までには。
五月全国のメダカ仲間が集うまでには、
と思いつつ一月数々の戦いの一部が完了。二月中には全ての結果が。

村長ドリーム、みなさんの応援宜しくお願いします。


間もなくめだかの館ホームページリニューアルオープンです。
今度のホームぺージは違いますよ。こうご期待を。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-01-31 17:03

ゲスト

本日は村長の代わりにゲストの方にブログをお願いしました。

めだかの館ホームぺージ内、寺子屋で有名なよしさん、ともさんです。

~よしさんコメント~
私はここに通いだしてちょうど、一年になりました!
でももう5~6年いるような感じです!
懇親会も一年のうち12回参加しました!
ひょっとしたら12回どころじゃないかもしれません!
すっかりよしちゃんはここのメダカ仲間とイケメンスタッフと打ち解けて
ここのハウスにすんじゃおうかなと思います!
でも一番最高なのはおじじのはげ頭☆
以上!!

~ともさんコメント~
私がここに通いだして約8年になります。
でも、まだ半年くらいのウイウイしいきもちです(笑)
懇親会も毎回盛り上がりいろんな方と出会えて、なんだろう…(笑)
以上!!

☆100年メダカへコメント宜しくねがいしま~す☆
よし&とも

お元気な方たちです。


村長も早くパソコン覚えて自分でうてるようになってほしいなぁ。。。
17時以降の労働には残業手当を!!
と密かに思う代うちのトシでした。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-01-20 16:55

No.9カタログ作成中

1月中、No.9カタログの製作に追われ、スタッフ1人2人はカタログ製作に取り組み中。
早いもので、今回でNo.9である。
第1回、2回はプロのカメラマンにお願いした。
No.3からは自分達で挑戦。
No.?からは覚えていないが秀幸担当。
ここ数回、秀幸が担当。

最近、態度がでかいのある。
生意気なのである。
贅沢なのである。
昨年の写真は使いたくない。
どうせ出すなら写真を全部入れ替えたい。
全部というのは大変な作業である。
メダカの1番少ない1月である。
親メダカを残しているはずがない。
メダカ村中をかきあつめてもしれている。

村長、色々撮影メダカ準備するが、秀幸いわく体色悪い、骨曲がり、半ダルマ、ぶつぶつ苦情を言いまくる。
良いメダカは全部秋に売っとるじゃん。
親子喧嘩寸前である。

現在70%撮影終了。

ここ1週間、四国、埼玉、あちこちのアマチュア、プロをとわず、恥ずかしげも無く、親メダカをかしてください。
カタログ作成にご協力ください。
お借りしたメダカは撮影後、すぐにお返ししカタログに名前を掲載します。

そんなことで、ここ十数匹進行した。
ヒデの思いはまだまだであろう。
今月一杯は撮影が続く。
そして、内容の編集。
価格修正。

昨年、1万部カタログを作ったが、あまりの人気に今年は1万数千部作成予定。
制作費も数百万を超えそう。
嬉しいです。
やりがいがあります。
カレンダーを本にしてよかった。

改良メダカの記録を残すことができると思う。
現在のパソコン時代とは違い、写真で記録を残すことが重要。

大変な作業ですが、2月中にはほぼ目安をつけ、3月頭には皆様にお送りできるようスタッフ一同、がんばるけん。

楽しみにしとってや。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-01-19 17:27

幹之メダカ

2007年9月、愛媛県の菅さんにより第一回めだかの館協会品評会に出品された幹之メダカ。
二年半の時間が経過。ここ数年では全国で人気No1に。
そして全国のメダカ愛好家によりスーパーメダカに進化。
これほど短期間に全国に浸透したメダカも珍しいと思う。

そのメダカが現在、名前を変えられ販売されている。
これはいかがなものかと。
過去7~8年、何度も繰り返されてきたメダカの名前の変更。
いかがなものか。
近日中に過去の色々なことの公開を、と思う。
村長が体験した改良メダカの進化。
十数年の真実をと日々思っている。

幹之メダカ青と白の普通種で始まった。
今現在はパールブルー、パープルブルー、ホワイト。
体型は普通種、ダルマ、ヒカリ、ヒカリダルマ。
にて、スーパー光を確認しています。
兵庫県のN様は幹之×アルビノにおいて幹之アルビノ完成。
昨年の秋の日本メダカ協会品評会に出品。
全国の愛好家にその個体が披露されました。
現在村長が知っている幹之の遺伝はこの範囲である。
みなさんからの情報があれば、100年メダカで紹介させて頂きます。

話は変わるが、2008年に埼玉県の戸松さんより
幹之体内光が品評会より全国に発表されました。
その後、愛好家目が幹之の体内光に注目。
戸松系と、広島の池本系の2種類を村長が預かり1年半体内光の遺伝と格闘。
現在妖しき体内光の遺伝率50%まで達成。
体外光×体内光にて今の幹之メダカよりもまた1歩進化した幹之に成長。
新種メダカです。過去にないメダカの誕生です。
このメダカのニックネームを考案中。

昨年の秋に環境省より抗議文が届きました。
全国雑誌「アクアライフ」で体内光をご覧になった方より環境省に投書があったようです。
数年前に悪徳業者により台湾より輸入された「蛍光メダカ」とのかかわりが疑われ
環境省より幹之メダカの提出を求められました。
即座に環境省に体内光、幹之メダカを送り検査を受ける。
(私も真実が欲しい、事実ほしい)
一ヶ月後の検査結果で幹之メダカ、体内光は全てにおいて遺伝子組み換え疑惑は晴れました。
幹之メダカ、体内光は純粋なる日本メダカの進化であると証明されました。

怖かったけれど、一番うれしい報告でした。

新たな日本メダカの進化論です。
体内光により、純粋なる日本メダカによりこのたびのようなメダカが発見され新たなメダカ文化の第一歩。
100年メダカにおいて新しい第一歩となりました。

村長は思います。
100年メダカ、メダカ文化。いかがわしい思いの物は必要ないと。
純粋なる日本メダカの交配にて、純粋なるメダカ文化を。


作りましょう。楽しみましょう。
これからは、護りましょう。
これからは、検査しましょう。
環境省とつながったメダカ村です。
環境省に見ていただいている100年メダカです。
環境省の監視下における100年メダカです。
真実だけを伝えます。
どうぞよきお付き合いを。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-01-18 17:17

おもしろ体験

昨日1時に起床。待ちに待った目前メダカ新種作り。前日より用意していた。
目前の普通種、ダルマ、ヒカリ、ヒカリダルマ、透明鱗、透明鱗ダルマ
黄色の目前透明鱗、黄色の目前透明鱗ダルマ。S~M寸を各水槽にセット。
2時、いよいよ選別開始。さて、四時間のうちに何セットできるのか。。。
悩みである。面白さもある。ワクワクする。
この目前メダカがどのようなメダカに、どのように遺伝すればより楽しいメダカができるだろうか。
交配メダカを5~6水槽並べ、村長の前には約10水槽。
各種メダカを見ながら夢を膨らませる。

選別スタート。
1対1。1対2。2対1。4対1。
終了後に即小さな水槽にセッティング。
その後、順調に作業を進め5水槽~10水槽と約2時間経過。

一休みです。

先ほどセッティングした水槽を休憩タイムに覗き込む。
おや!?もう卵をもっている。なんと手の早いことか。
10水槽中5水槽に産卵を確認。
即産卵シールをはる。
なんと楽しい瞬間である。なんとやりがいのある瞬間である。
その日、15水槽セッティング。
当日中産卵を確認した水槽は7水槽。
そして今日の朝、残りの8水槽も全て産卵確認。
こんなことが起きるだろうか。なんと楽しい結果のある新種セット。
約2カ月後にはF1が産卵開始。その2ヶ月後にはF2にて遺伝率を確認。
今年の目標は幹之に次ぐドリームメダカ「目前」100種類交配!
秋までには何種かの結果を出したい。いや、出します。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-01-15 17:13

今年も宜しく

昨年、念願のメダカ飼育場(メダカ村の隣接地)が手に入り
今年は夢が爆発しそう。
一年、二年待った土地ではなく
二十年以上思い続けてきた隣接地です。

メダカを始めたころ、4~5年。
愛想のよいメダカ屋だった…はず。
メダカブーム到来により遠方から多数の客が訪れ
村長自身だんだん客相手をしなくなる。
ネット通販を始めて通販のお客様が一気に増えた。
その結果、店に訪れるお客様に無愛想になっていった自分がわかる。
確かにそうであった。いつも思っていた。
来客に対し接待がなっていない。申し訳ない。いやなメダカ屋になっていった。
若い衆3人が入ったけれども余りの仕事の忙しさに若い衆もなかなかお客様の接待ができず。


この隣接地により新しい自分が望んでいた、メダカ村のスタートである。
いつどのような方が訪れようと
駐車場、休憩場、トイレ、すべて設備し訪れた方がゆっくり楽しんで頂けるメダカ村。
その夢が今年の5月までにはかないそうです。いや、やります。
今年の春のメダカ品評会までには、全ての設備を準備し
訪れた人に心から喜んで頂ける、安らいで頂ける。そんなメダカ村に。

余談ではありますが、遠方から来られる方々。
宿泊施設はそのままですが、お風呂、洗面化粧台作りました。
和式トイレを洋式ウォシュレットに変えました。
遠慮なく宿泊して頂ける整えました。
メダカ品評会開催までには別棟の宿泊施設等を考案中です。

遠方から来られるお客様にも気兼ねなく宿泊して頂ける施設を用意するつもりです。
品評会開催中にはどうぞ遠慮なくおいでくださいませ。

ただいま村長メダカ交配に没頭中。
他の仕事はすべて若い衆におかませ。
メダカを始めた頃の村長態勢で進行中。

やりますよ!作りますよ!やってますよ!
新種メダカ、100年メダカ、没頭中!!
今年は目前メダカ一筋!

のんびり100年ブログ。
どうぞ今年もよきお付き合いをどうぞ宜しく。

作りましょう、楽しみましょう。
メダカ文化とメダカ仲間。
[PR]
# by medakanoyakata | 2010-01-13 17:12