めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー

<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

カタログ、カレンダー

めだかの館発行のカタログ。
今年ナンバー8を迎え、異常な人気を感じた。
当初私はパソコンもない。
当時やっていたことは、ただ記録を残したい。
という思いでプロに頼み十数時間をかけ撮影してもらっていた。
マスメディアが来る前の話である。
短命のメダカ。どうにか記録に残したい。
そうして始まったメダカの記録。
現在のカタログについては思いもしなかった。

目の前に現れた過去にないメダカ。
どうしても記録に残したく始まった。
今日紹介するナンバー5のカタログ。平成18年度のカタログ。
このカタログは上下開きになり、壁掛けのカレンダーになるように作成。
日本の風習で、カレンダーたるものは、ただでもらう物。
販売側からすれば、ただで配るもの。
現在一万部作成のカタログ。
その当時何千部作成したかは記憶にない。
ただひたすらに、ありとあらゆる人に、チラシのごとく配った思い出。

いま一杯のんでます。
もういっぱい飲んでます。

年数にはこだわらないでください。
この前後に楊貴妃が発売されたと思います。

f0054079_17271145.jpg



バックがすべて白と黒でなく自然体でとってあります。
当時は当時なりの意味があった。
撮影者は現メダカ協会の理事長の清水誠氏です。
楊貴妃発売二〇〇四年とある。
固定率は70~90%である。
普通種3000円
ホタル(ヒカリ)5000円
ダルマ8000円
ホタル(ヒカリ)ダルマ10000円
と、ある。
この楊貴妃が現在のメダカブームの起爆剤になった。
日本中に楊貴妃がでまわっています。
100円~何千円まで。

今日見て驚いたのだが、朱天皇(ヒカリダルマ)10000円jが現在も10000円である。
このカタログカレンダーをしばし100年メダカのネタにして
色々な体験、経過を思い出しながら綴っていこうと思う。

f0054079_17272935.jpg


よきおつきあいを。
ぽちも宜しくお願いします。

皆さんの応援のもとにランキング一気に4位まで上がり現在5位です。
このランキングについて詳しいヒデによると、これからは下がっていくらしい。
このままの状態で皆さんの応援があってもランキングは下がるらしい。
だれか教えてよ!このランキングのシステム。。。
村長朝一起きてランキング見るの楽しみ。
寺子屋覗くのも楽しみ。
どうぞよろしく。ランキング上位にて村長のメダカ体験記、どんどん暴露していきます。
どうぞ応援よろしく。
100年ブログのぞいたら、ブログランキングをポチ!
よろしくです~。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-11-05 17:24

奇跡

めだか村スタッフタカ。
紅系より貴重なめだか発見。
数十匹の中より新種めだかを思い、どうにかこうにか6匹オス2匹メス4匹を選別。
タカ、頭で想像。
頭でニックネーム”丹頂”。
M寸なりかけの若めだかである。
産卵場は村長担当。
産卵スタート。
毎日見るが卵確認できず。
さて4日の朝、2匹いく、星に。
翌日、また1匹星に。
翌日も見るのがいやであるが確認、また1匹星に。
残り2匹である。
村長、預かった責任、ほぼ丹頂は夢のごとく消え、残り2匹オスメス確認。
2匹のメスを次のめだかno
交配にまわす。
さて、6匹いた丹頂めだか。
残りの2匹を移動後、空になった水槽を見ながら、
さて、この水槽どうしよう??
あらってしますか、数日置いておくか。
産卵確認シール(毎日産卵を確認するシールことである)ゼロである。
村長勝手に判断。
2,3日暖かいとこにおいておこう。
2,3日後、奇跡であろうか6匹の稚魚を発見。
なんとこんな偶然が。
タカ出勤を待ってすぐに報告。
今後の話はまた後日報告。
なんと稚魚は次々と増え、丹頂の遺伝子は残ったのだ。
この話、楊貴妃の話にそっくりである。
興味のある方は”赤めだかへの道”をご覧ください。
楊貴妃スタート6匹です。
6匹から始まっためだかが。
その後楊貴妃と命名され現在のめだかブームの大ヒーローに。
さてタカ、丹頂めだか、遺伝子は残った。
どんなめだかに。
どんな結果に。
楊貴妃を超えるめだかになるのだろうか。
タカ選別による新種めだか。
結果お楽しみに。

新種めだかとは。
めだか文化とは。
日々、一歩一歩小さな一歩でいい。
後ろを振り向かない前進のみの一歩。


小さな一歩にお~~きな夢を。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-11-03 17:48

支部誕生

間も無く名古屋において新支部誕生。
今まで名古屋近畿方面合同において「関西東海支部」でしたが
関西地区において「関西支部」が結成され
離縁され放り出された愛知県地域。
かの有名な「カール軍団」ではあるが
関西地域より離縁を言われ仕方なく本日「東海支部」結成に。
支部員12名。本日出席10名+α。19時より立上げ会開催。
いよいよカール氏の出番である。
詳しいカール氏の意気込みは寺子屋をごらんください。
寺小屋にてライブ中継があるかも??

協会支部またひとつ誕生である。
愛知に控えしは、三重、和歌山。
なぜだかわからないが、三重、和歌山には相当なメダカ愛好家がいる。
レベルの高いメダカ愛好家である。
東海支部において今後は三重、和歌山に刺激をあたえる支部になってほしい。

今回の東海支部メンバーが非常に面白い。
協会への起爆剤になると思う。
日本メダカ協会、発展のために一躍を担う支部として
村長心よりお祝い申し上げます。

祝、東海支部設立!心よりお祝い申し上げます。
皆様のご活躍を、全国への刺激を、どうぞ宜しくお願いします。

今から言うには恥ずかしいのですが、本日支部結成にどうにかスケジュールをあわせ出席したいと
今朝まで思っていましたが、この暇村長。突然のスケジュール。番狂わせ多々あり。

一昨日、九州。8日、九州。11日、埼玉。
3日、突然の遠方よりのメダカ愛好家来客。
できるならば参加したい。
参加することを知らせず突然会場へ村長現れる。
これが私の趣味であり、楽しみであり、挨拶である。
今回これができないことが、できなかったことが、非常に残念である。
カール、日本中央においてすばらしき支部設立。
今後、全国への刺激を宜しく。

今日、京都のミスミ様も参加。
気の合う2人である。
支部は沸かれようとも、君達2人の人間関係、人への影響力。
君達2人のサムライ魂。
私のメダカ生活において不可欠な2人である。
どうぞ全国への大活躍を。

祝いの場に出席できなかった村長より心から大活躍宜しく。

人と人とのつながりが一番です。
メダカ協会発展のため、何が必要か。
人と人とのつながりが第一である。
メダカの話は二の次でよい。
人と人との石垣を作ろう。
そして土台を作ろう。
その上に、夢多きメダカ城。

世界に羽ばたくメダカ城構築へむけて

作りましょう。楽しみましょう。
メダカ文化とメダカ仲間。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-11-02 17:03

村長格言

格言たるもの??
メダカブームに乗り、ここ5,6年メディア・取材を受ける。
あるテレビ番組取材において村長格言をおねがいします。
色紙を手渡され、マジックを。
書いたことない色紙である。
書いた言葉”今は過去”
なんと格言らしくない言葉である。
あきらかに自分で思う。
かっこつけるより、裸のままでいい。
思ったままでいい。
自分をさらけ出す。
いつもそう思ってるから、それしかないから。
いつも子供たちに言ってる言葉。
それがあるから今の自分がある。
村長一言。
なにはあれ、ただ日々前進。
過去の結果を思い、結果に惑わされず、前のみ見る。
先々を見る。
その働きが早朝0時に体内信号ともし目を覚ます。

100年メダカ、なんども話したけれどホントは100年メダカ100万メダカ。
100万メダカにおいてはまた後日熱く語ろう。
本日、4時よりローカルテレビにおいて100万メダカの話あり。
従業員一同、いまかいまかと思い放送拝見。

ある草花業界において最高峰の業者が年間二回のカタログを発信において1枚の写真を100万にて購入します。
草花において過去地球上にないものを発見した場合、
その写真のネガを100万で購入しますという意味です。
もう一つ。
カメラ業界の話。
広島、瀬戸内を見下ろす野呂山より真っ赤な朝焼けの日の出を取れれば100万円。
いろいろ聞いた100円の話である。
私も思ってる。
鯉が一匹1000万。
メダカにもそれがあってもいいと思う。
当然あってしかるべき。
しかし、鯉歴5,600年、金魚歴詳しくはわからないけれど6,700年(これにて追及はいりません)。
メダカ歴、たかが10年。
そこにおいて100万メダカ今日放送あり。
感想は皆それぞれであろう。

ありがたきもメダカ村には毎年珍メダカ数々全国から送られてくる。
さて、どれだけのメダカが送られてきたであろうか。
私も数々のメダカを見てきた。
尾びれが横になったもの。
尾びれが二枚になったもの。
尾びれが三枚になったもの。
背びれ、尾びれ、尻びれが一枚になったもの(マンボウ)。
目玉が三個になったもの。
数々の珍メダカをあずかった。
そのメダカが100万なのか??
私はいつも思う。
いつか作りたい100万メダカ。
その固定率が上がった時が100万なのか??
今言うべき話ではないのかもしれない。
しかしいつかこういう文化は来ると思う。
その文化の土台が築かれ、日本に、世界にメダカ文化が定着し、
その上にこの珍種メダカが100万というのであればすばらしき価値があると思う。
残念ながら、メダカ文化もとえ改良メダカ文化、たかが10年である。
その歴史の中において一珍品種において100万とは。

文化とはゆっくり一歩一歩過去を見ながら周りを見ながら進むべきであると思う。

メダカ文化、100年メダカ、一利益のためには利用されたくない。


やさしく生きましょう、利益のためには追求しないようにしましょう。
ゆっくりやさしく過去を見ながらメダカの未来のみ見ながら、
作りましょう、楽しみましょう、メダカ仲間とメダカ文化。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-11-01 18:08