めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー

<   2009年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

100本桜

偶然でしょうか
100年後にメダカ文化を思い、100年メダカでスタートしたこのブログ。
この場所になにか縁して、早30年。
バブル時代も経験しました。

なにはさてあれ、なぜか私は桜が大好きなのです。
この僻地の地主様方々、この当時協力的であり、
あちこちの雑種地を村長に貸していただき、いつも思ってました。
この僻地に見捨てられた場所に春一番、桜の谷ができたら、と、思い若き村長、
100本桜を目標としソメイヨシノ苗購入。
植え付け段階まで準備OK。
しかし、トラブル発生。
過疎地であるがゆえのトラブル。
村長、その当時ある程度裕福。
苗木購入可能。
しかし、植え付け後地元の方に反対にあい、移動。
そんな事有り、100本桜断念。
どうあれこうあれメダカ村の敷地内に約20本以上の桜の苗木、植え付け完了。
5年生、10年生、15年生、八重咲き、枝垂れ。

数十年後には日本が誇る桜文化。
このめだか村で見える事、私の夢なり。

見ては一瞬なり。
一瞬の美を求め、桜、メダカ文化。
夢多き村長。
幸せなり村長。
いつか皆様、メダカ村にて桜での今宵をひと時。

なぜか不思議なり。
100年メダカと100本桜。
写真は後日紹介させて頂きます。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-31 18:52

変わった24時間

2時起き。
布団からそのままメダカ小屋へ。
室温25℃。
パジャマ姿、寒くはない。
メダカかわいそう。
深夜、真っ暗闇から突然真昼の明るさに。
そして村長に覗かれる。
めだか君、ストレスたまっているのでは。
厳しき村長、お見合いより一週間の勝負です。
たくさんの卵は必要ないのです。
ただ結果として一対一のめだかの子孫が欲しいだけなのです。
やがて6時。
楽しく過ごしたとき、疲れ全くなし。
思うようにならなかった時、異常な疲れに襲われる。
そんなときは1時間、再び布団へ。
その後普通通りに過ごし、昼食後13時~14時までバッチリ昼寝。
すぐに寝付く。
不思議と14時に目が覚める。
16:30分。
地獄ブログタイム。
19時、夕食。
21時、布団の中。
テレビはついているがほぼ興味なく明日へのために寝付く。

つい最近、小学校の四男坊と会話。
”おとーさん、毎日何時間寝てるの??”
”そやなぁ、21時~2時で5時間。
13時~14時で1時間。
6時間の睡眠や。”

55歳、これでいいのかなぁ。
日々楽しんでいるので体調なんの不安もない。
すこぶる順調。
いつも思う事。
この生活にてタバコがやめられたらなぁ。
と、思い続け早10年。

やめられない、16時30分酒タイムとタバコとチャレンジメダカ。


人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-29 17:10

やっとできましたー

21年度 No、8 めだかの館カタログ。
素人スタッフにより苦難苦難…
長い長い道のりでした…
7集までは、日本メダカ協会理事長 清水誠君により
写真撮影、編集…
頼りっぱなしでやってきましたが
誠君、理事長就任後、日本メダカ協会裏方でやらねばならぬ仕事が満載中。
そんなことがあり、第8集は館スタッフのヒデ君により進められる。
なにせ初体験。2ヶ月かかったであろうか…
ほぼ毎日時間があれば。少しの時間をみつけて派祖パソコン前に座りっぱなし。

製本屋さんと何度も何度も打ち合わせ。文章確認。
写真のメダカの体色を確認。
やってもやってもキリが無い…
本を作るって大変な事ですね。

村長、なんの助っ人も出来ず…
ヒデに近づかないようにしていました。
誠君がやってくれていたことに改めて誠君の総合的センスに頭が下がります。

ともあれ、第8集やっと完成しました。
めだか文化の歴史に役立てればと思い、今後も続けていきます。

カタログご希望の方は近日、めだかの館ホームページに公開しますのでもう少々お待ちください。

人気blogランキングへ

f0054079_17101448.jpg

[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-27 17:08

新メダカ。メダカ村へ

またまた新メダカ、本日到着。
幹之メダカです。ヒカリメダカです。そしてダルマです。青メダカです。

ヒカリ体型幹之。預かったのはコレで4~5回目です。
これまでのメダカは自分なりに納得できないので、わからないので
ヒカリメダカのヒカリと幹之メダカの光が判別できなかったので
ブログ紹介はしていません。

私が幹之メダカを手にしたトキより、ありとあらゆるメダカと交配。
交配No250は超えたと思います。
当然、ヒカリメダカとも交配。
F1で幹之的光発見。
あるわけ無い。ありえない。
オスメス交配の失敗か、飛び込みによ交配にてその結果。
F2にはヒカリメダカ出現。
たびたびある幹之的光発見。
数百匹に1~2匹。
そう簡単に遺伝するはずない。疑い深き村長。
交配結果をいいほうにとらない性格
全て疑ってみる。
早朝2時よりメダカ選別。
幹之的光発見すると手が止まる。
しかし、疑ってみる。
まさか…うそじゃ…そう簡単に…
絶対的にいいほうに見ない、ひねくれた私の性格上の選別。

さて、今日送られてきた幹之ヒカリメダカ。
過去見た事の無いメダカ。
疑い深く、疑いながら…疑いながら…
水槽に目をやりながら送ってきた方との会話。
5分…10分…20分…
どうこうこうこう…そうしてこうして…あれこれ…
喋りまくって今日のメダカの話。
納得です。

このメダカ、S~M寸にて後日写真撮影して皆さんにご紹介します。

送り主、つい先日幹之水泡眼を送っていただいた。名古屋のT様。
同系統より、このメダカ発見とのこと。
もう1匹怪しきメダカも送られてきました。
このメダカの報告も後日します。

もっとすごいのが、そのメダカを産んだ親メダカも一緒に送っていただきました。
T様、幹之メダカを手にしてF4にてこのスーパーメダカを体験。
そしてそのメダカを全てメダカ村に。
後日、T様メダカ日記。今日お願いしました。

趣味とは、楽しむ事です。
趣味から喜びを得て欲しいのです。
趣味から癒しを得て欲しいのです。
T様、吸うj回しか会話した事ありませんが、スーパー的さわやか人間です。
メダカを本当に楽しんでるな~。
電話のむこうに喜びの顔が見えます。
メダカの進化、いい人との出会いより、いい人により。
これかtらどれだけ続くであろう。メダカ文化。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-26 17:11

新支部誕生

新種メダカ作出において、目覚ましき実績を持つ愛媛県新居浜市より、
本日支部申請有り。
Kさん、Hさん率いる新居浜軍団、7人の侍。
本日、受け取りました。
今年はどんな新種メダカにて春の品評会盛り上げるのでしょうか。
今からワクワクです。
お待ちしてました、新居浜軍団。
日本メダカ協会での活躍、宜しくお願いします。

東海・関西連合支部のメンバーよりTEL有り。

”村長、幹之よりまた新種メダカ発見しました。
こうこう内容ですが、村長ご存知ですか。”
”いいえ。”
”それでは、こうこういうメダカはご存知ですか。”
”いいえ。”
”それではそのメダカをお送りしますので。
確認、よろしくお願いします。”

またまた驚かされた新種メダカ。
めだか村到着後、皆さんに報告します。


人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-25 17:31

世界一!!

サムライジャパン、2大会連続優勝、世界一おめでとうございます。

この度ほどサムライと言う言葉を耳にしたことが気持ちよかったことか。
何百回聞いたでしょうか。

館より発売されているメダカにサムライメダカがあります。
当初はセルフィンメダカで発売したのですが、サムライメダカにニックネームが変わったのです。

現在、戦国武将ブーム。
村長がつけたメダカのニックネームはなぜか武将名が多いのです。

今大会のサムライジャパンのユニフォームの色。
深い紺色。
褐色だそうです。
褐色の中に日の丸の赤。

褐色とは、勝色と縁起を担いでいるとか。
戦国時代、戦国武将が戦いに出陣する時、勝つ戦いと縁起を担ぎその色を身につけたとか。
確かにそうですよね。
剣道の武道着もあの色ですよね。
戦国武将の鎧の中に着ていた衣服もその色ですよね。
昨日話をした青メダカ(パープルブルー)、まさに褐色です。

サムライと褐色と世界一とこの感動と、快い一日でした。

村長、この日を記念して当館作出メダカのいずれかに、良いニックネームつけたいなぁ、なんて思いながら祝い酒をいただいております。
みなさん、何か良いアイデアはないでしょうか?

サムライジャパン、おめでとう。
日本中に勇気をあたえてくれたサムライ魂の戦い。
心より感謝。


人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-24 17:26

あれ?

初期の頃…
黄、青、茶、白…と選別中。
どうしてもその4色にならないメダカが。
選別もれとしてためる。
グレーと、しろでもない。黄でもない。
さて、このめだか、何メダカ??

村長勝手に女性向けに新提案。
これはどうも「ピンク」だ!!
色んな色の器にて体色確認。
これはピンクや!!ピンクにするべ!
ピンクメダカは女性に人気がでるかも…
後日、選別漏れ水槽を総チェック。
ピンクメダカ固定化に向け、選別スタート。
体色の良いメスを選別。
そしてオスに目を…あれ??
オスは??オスはどこへ??
あちこちの水槽よりピンク系メダカを再度オス探し。
オス1匹も無し。ピンクメダカ、100%メスメダカ!!
ピンクメダカ固定化、一瞬にして夢消える…

それより少し前のこと。
先輩宅よりメダカを譲り受けたときの体験。
夕刻、17時か18時。
白、青、黄、茶を頂くとき…
どうしても怪しげな黒めだか発見。
明らかにどの色とも違う。
村長興味シンシン。
その片には内緒にてこっそりそっくりそのメダカを譲っていただく。
そしてそのメダカ、水連鉢へ。
明らかに怪しい色。
夕刻見ると、現在WBC活躍中の日本チームの褐色。褐色メダカ。
このメダカ、非常に美しい。
そのメダカを無知な村長。新種メダカ作出にと心ワクワク。
ある日新種メダカへのスタートにて選別。
メスを選別、そしてオスへと。
あれ??まさか…ピンクメダカと同じ??
オスがいない!!
まさかそんなばかな…
忘れもしない、青(パープルメダカ)との出会い。
100%メスでした。
現在、何百通りの交配を繰り返し、体験したこと。
F1にて10匹、50匹、100匹産まれる水槽。
その中よりオスメスを選別。
なぜか、ほぼオスメス同数近くを確認。
ピンクメダカとパープルメダカ。
メス100%。いまだかつて分からない…
忘れられない体験。
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-23 17:31

メダカ品評会

日本メダカ協会主催の春のめだか品評会4月25日、26日、27日開催。
会場:めだかの館  主催:日本メダカ協会

過去3度、めだかの館主催にてメダカ品評会つづけてきました。
いよいよ今年からは日本メダカ協会の主催にて品評会が開催されます。
このことについては、お知らせ、裏話、話のネタは山ほどあり
ブログで書き続ければ10日間は書き続けれると思う。
今日は4月26日に開催される予定の懇親会について。

新しいメダカとの出会いも沢山ありますが、私の本当の楽しみ。
心から楽しんでいることは人との出会いなのです。

十数年メダカをやり、そこで出会った人々。なんと楽しい事か。
どのように皆さんに伝えてよいものか。
実は昨日、日本メダカ協会広島支部の定例懇親会があり
20歳代~60歳代。老若男女。二十数名が集まり盛大に開催。
詳しくはあまり見ないほうがよろしいですが、めだかの館ホームページ「寺子屋」にて記載。
あまり見ないで下さい…特に真面目な方は見ないで下さい…
ジョーク、ユーモア、対応できる方は少しのぞいてみてください。

懇親会。17時より開催。接待無し。客扱い無し。客ではない。全ての方が支部会員。
会場はめだかの館カラオケルーム。料理屋に行けば一人最低5000円は必要かと。
何人かと話し、会費を最低限に抑えたい。
2000円か、3000円か…随分もめました。
最終的に2000円にて決定。オードブル無し。
酒とビールとジュースとおつまみにてスタート。
しかし、結果的にはこうでした…
いろんな出席者の方が、家庭料理を1品づつ持ち寄り、そうでない方も色々と持ち寄り…
買ったのはキャベツとたまねぎとピーマン。その他用品。
あとは買出し無しにて、早朝4時まで延々と続きました。
泊まった方、女性数名。男性数名。ざっくばらんにて皆さんザコ寝。
八割が初対面の方。なのにこの楽しい雰囲気。この盛り上がり。
人との出会いはどんなにか楽しい!!

昨年のメダカ品評会懇親会。
定かではないが40名~50名と記憶。
さて、今年の品評会中に行われる懇親会(26日)
どのようになるのか…
出席者の方、心の準備宜しく。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-22 17:03

透明鱗メダカ

初めて目にしたメダカ。(定かではないが2004年頃であったと思う)
ホームページで見たスケルトンメダカ。
衝撃的でした。
過去に無いメダカ。
最高。
別世界。
新メダカ作出。
心から喜ぶ。
そしてメダカ文化の広がりを思う。

しかし、村長、そのメダカを手に入れる事せず。
なぜ??
人が作出したメダカを追いかけたところで、新種メダカ、突然産まれたメダカではない。
何年もかかり作出したものだろうから、後を追っても、と思い。
そして、人が作出したメダカは、その後の進化はその人に任せ、私は私なりの道を。

そんな思いによりスケルトンメダカには縁の無かった私。
その後、別のホームページにて桜メダカの発売を知る。
年数は定かでないので記載しません。
スケルトンメダカと桜メダカの違いを調べる事も無く。

ある日、K先輩より、
大場やぁ、透明鱗メダカって知っとるか?

どんなメダカですか?

こんなメダカやぁ、ほっぺたが赤いんや。

あぁそうですか、似たようなメダカならほっぺの赤い、赤頭巾ちゃんのようなメダカはお客様が持って来られましたが、血統がよくわからないのであちらこちらの水槽で泳いでますよ。

大場やぁ、透明鱗メダカとは十数年前、ある女性が発表したメダカで、私もようやく手に入ったんや。
これからは、このメダカの時代やで。
このメダカといろんなメダカを交配してみなさい。

ははぁ、そうですか。
先輩が言うならやらせていただきます。

そんな事より、先輩から送られてきた透明鱗メダカ。
赤エラメダカとそっくり。
体色は違えど、赤エラメダカ=透明鱗メダカ。

先輩より預かった透明鱗メダカ(スケルトン)の交配が始まったのが、交配ノートNo.5によると17年10月24日 
TNo.1 楊貴妃スモールアイ半ダルマ×スケルトン
TNo.2 スケルトン×ピュアホワイトヒカリ
TNo.3 スケルトン×アルビノヒカリ
TNo.4 スケルトン×スケルトン
TNo.5 スケルトンヒカリ×スケルトンヒカリ
その後、T9 17年7月。
そして透明鱗との交配がありとあらゆる種類に進む。


明日に続く・・・

透明鱗との出会いから紅へと続く・・・



人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-20 16:56

ある電話

ある人より電話あり。
「幹之メダカから水泡眼がでたのですが…
サイズがあまりにも小さく、確認取れません」

村…写真をとってみて下さい。
   確認が取れるようであればメールにて写真を送ってください。

後日、メール届く。
スタッフ3人、水泡眼確認。

村…水泡眼だと思われます。スタッフが確認しました。
   私のしる限りでは、幹之の水泡眼は初めてです。
   兄弟同士の交配にて、幹之水泡眼の固定にむけがんばって下さい。
   よかったですね~~。Tさん。
Tさん…村長!!このメダカ送りますので!!交配宜しくお願いします!
村…結構です!もうプレッシャーはいやですので!!
   おことわりします!!

二人の会話、あれあれ、これあれ、あれこれ。

3月始めの話です。
Tさま、どうしてもメダカ村へ預けると。
村長、いやいやながらもワクワクして受け入れる。
村長、本物をみないと納得しない疑い深き人間。

Tさまよりメダカ到着。
しばらく休憩後の後、身体検査、写真撮影。
担当者、トシ。
「S寸のメダカの撮影はホントに苦労しました…
特に水泡眼なので扱いは超慎重に!なので…
約30分強の格闘でした…(笑)」

皆に確認してもらい、写真で水泡眼確認。
Tさま、快くその1匹の水泡眼幹之と強光入り幹之ダルマ十数匹とともに送っていただきました。
村長としては、水泡眼の産まれた兄弟メダカとの交配が必要だと思います。
Tさまの心使いに感謝です。
そして村長の仕事。
世にないメダカ、私の知らないメダカを見たときに世に紹介するのが私の仕事です。
いままでやってきました。新メダカの発見者紹介。作出者紹介。
第7集までのメダカカタログにおいて記入済み。
これからもこうします。

新組織、日本めだか協会が設立されます。
その組織において、その認定基準をお願いしたいです。

Tさまよりメダカ到着後の2日後。1本のTEL。
非通知にて着信あり。
若い衆から村長へ。Xさまとの対話。

Xさん…幹之で出目のような水泡眼のようなメダカが産まれたのですが…
     買い取っていただけないでしょうか??
     もし可能ならばいくらで買い取っていただけますか?
村…うちは買取はいたしておりませんので…
Xさま…他店のメダカ屋さんに電話したところ、いくらでも高額にて買取りいたしますと。
     そのようなメダカはめだかの館にはいるのでしょうか?
村…いえ、私は見たことはありません。
Xさま…いくらで買い取っていただけますか?

その後、話は続かず電話を切られました。

偶然にしてはすごいです。
3日間の2里の体験。
かたや、メダカ村へ。
かたや、現物確認することなく終了。
さて、この2つのメダカの行き先によりどんな道のりが…??
じつはこの先に、村長の1番の本心があるのです。
後日、語りたいと思います。

ただ今17時11分。
代打ち疲れました…トシです。
村長!残業代を宜しくお願いします!!

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-18 17:11