めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー

<   2008年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

自営業ドリームパート2

借りた畑が草刈終了、平地になり
さて、小屋が欲しい…
車が入らないのでプレハブは無理。
小屋を建てたいが資金が無い。
自分でも出来ない…できるわけが無い!!

その当時です。始まったばかりの商売で解体屋さんがあり
私はアルバイトへ。
いまの様に機械で壊すのでなく手仕事により解体されており
柱などそのまま丁寧につみこんでいました。
3日間アルバイトに行き解体した柱、木材などお金を払いすてていました。
私はそこに目をつけ解体屋の親父さんに
「アルバイト代いらないのでこの木材、柱、いただけませんか!?」
当然親方大喜び!
即OK!
ダンプ2~3台の木材を家の前へ…ドドド~!ドドド~~!!!
私の父ビックリ!そして大喜び!!
父は器用な人で木材大好き、何でも作れる人でした。
器用な人なのです。

父のことは後日ゆっくりと…

貰った木材、全て釘を抜き取り兄の友人の大工さんに
「この材料であの土地に小屋をお願いできませんか?」
相手はプロです…でも、いやいや仕方無しに無理矢理引き受けていただきました。

車が入らぬ土地です。
あぜ道みたいな道を約300M。全部手運びです。
運びました。一輪車をつかい運びました。
日中暑いので夜中に運びました。

セメント瓦数百枚を運びました。
そして現在の中古ぼろぼろ事務所完成。
2軒×3軒、12畳の小屋です。

品評会、めだか村を訪れたとき、事務所を見てください。
30年前の木材むき出しです。

柱、傷だらけです。一切かまいません。
見た目なんていいんです。
30年たった今、めだか村従業員の食堂です。
懇親会に来られて、寝床のない方、どうぞこの部屋で寝てください。
柱の傷を見ながら…

12畳の小屋、50万でした。
超オンボロ中古車30万でした。
修行中に新聞配達をしたまったお金、150万でした。
残りはあとこれだけ…

続く…


全国から品評会についての便り、お問い合わせ、続々登場。
ブログご覧の皆様、引き続き出品宜しくお願いします。

懇親会の参加も宜しくおねがいしま~す!!

人気blogランキングへはこちらより
[PR]
by medakanoyakata | 2008-09-04 17:27

心のものさし

心のものさしと言うお話し。
落語家の三遊亭歌之介がある出来事で悩んでいたときに、佐々木将人さんから次のように言われたようです。

(佐々木将人さんは、「人生山河ここにあり」他多数の著書で有名ですが、中村天風さんのお弟子さんでもあります)

「歌之介君、君は1センチの物を、1センチのものさしで測ってないか?
1センチの物は、100メートルのものさしで測っとけ。
たいして気にならんぞ。
いいか、人生はいつも100年のものさしで測っとけ。
そうすれば悩まんぞ。
なぜかわかるか?
100年経ったら、みんな死んどる。」

歌之介さんは、目からウロコが落ちたそうです。
たしかに、喜びも悲しみも100年以内なんですね。
いろいろな経験ができるのも、100年以内。
そして、「今起きていることが、自分の人生100年の中で、どんな意味を持つのか?」と考えると、とても大きな視点で考えることができますね。

さて、あらためて「人生は100年」という前提で考えてみましょう。

秒で表すと、約32億秒です。
何かの本で、人生を砂時計にたとえていました。
つまり、人生とは32億秒の砂時計ということです。
1秒に1粒、確実に落ちていく砂時計。
そして人生とは、この1粒(1秒)のことです。
この1粒の積み重ねが人生になっていくのですから。
私達にとって大切なのは、この目の前の「1秒」。
これは2度と手にすることはできない。
逆戻りさせることもできない。
1秒に1粒落ちていきます。



私のブログ「100年メダカ」
この文章から100年と言う言葉をしみじみ感じるものがあり、ブログサボリですみませんが、みなさんへ紹介させていただきます。


品評会にむけ、すばらしい出来事が、新しい出来事が、過去にないものがどんどん産まれています。
私もビックリし、非常に楽しみで喜んでいます。

一つ、東京より20代半ばの若い衆が、品評会開催中ボランティアでお手伝いしたい。
楽しみです、待っています。

今年も登場!
ボランティア裏方総長。
18日よりメダカ村へ。
開催終了後の後始末を含め、約1週間ボランティア滞在。
あなたがいないと進まないのです。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

若い衆、裏方総長、銭湯行きましょう。
村長、背中を流させていただきます。

人との出会いを、楽しみましょう。


人気blogランキングへはこちらより
[PR]
by medakanoyakata | 2008-09-03 17:22

勇気の時代より

めだか品評会、出品しようかどうしようか…
悩んでいる方々へ。参考にしてください。

落合信彦著「勇気の時代」より
14項を抜粋。

題して「品評会出展に最低限必要な勇気」
・失敗を恐れない勇気
・行動する勇気
・恥をかく勇気
・決断する勇気
・耳に痛いアドヴァイスを聞く勇気
・責任を取る勇気
・メンツを捨てる勇気
・泥にまみれる勇気
・人に叱られる勇気
・異議を唱える勇気
・言いわけをしない勇気
・逃げ道を断つ勇気
・自分を主張する勇気
・自分より優れたものを認める勇気



賞のことは二の次。
楽しみましょう、めだか品評会、

出品おまちしてます~。
[PR]
by medakanoyakata | 2008-09-01 17:05