めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2010年 02月 26日 ( 1 )

時の流れ

メダカの世界にはまり、ここ十年さつき盆栽とも離れっぱなし。
日本丸は不景気のドン底。さつき界、盆栽界も経験したことの無い貧乏商売。どん底である。
こんな時、人は何を話すのだろう。
100人の人と対話してみると99人が現在の不況の話し。
さて、それで何が起こるのだろう。私にそういう頭は全くない。

さつきと出逢い、30年。
関東に盆栽の素材仕入れに行くのは毎年恒例の行事です。
つい先日さつき担当の料理長とともに14年ぶりに2人で
さつき盆栽の素材を求め関東へ。

時代の最先端をみる、流れを見る。流行に惑わされない。
流行とは恐ろしいものである。
流行が始まりその中に自分が入る。
時すでに遅し。

メダカ界、現在思うに流行の真っただ中。

話しは変わってさつき話しへ。
30年前、私は現在流行しているさつき界の事を微妙ながらしていた。
それから、色々な流行が訪れた。
この度、誰も見たことの無いような人間業で作った盆栽と出逢いました。
じつは30年前にも出逢っていたのです。
その素材に一目ぼれ!
現在さつき界は自然派に流れ中。
それが流行り。
私は曲芸を求めた。
人がなしえる後術の粋を込めた盆栽素材を求めた。

さて、どうなのだろう。
村長の頭の中は夢と希望で満腹状態。
さてその結果、いかに。


その素材をもとめた盆栽屋とは現在世界を駆け巡る盆栽会のスーパースター、HT様のお宅。
茨城の方です。
実は私の弟弟子。
30年前に縁したことが、現在この場面でこのように出会うとは…

結果は後日報告致します。
[PR]
by medakanoyakata | 2010-02-26 17:15