めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2009年 12月 16日 ( 1 )

その2

セイレイににている白黒の小さな鳥。
必ずペアで来る。早朝、夕方にメダカバイキングスペシャルディナー。
食べ放題、食い逃げ…何年間は我慢していた…
がこの鳥の大好物はピュアブラックである。
ピュアブラックは逃げないので非常に食べ安いらしい。
100匹単位でやられた。
この春にその鳥対策に100均で買った網を設置。
それが鳥対策のはじめ。

その後、白サギ(約30cm)綺麗な鳥である。
メダカ村に毎日来るようになった。
サギが付いたらおしまいだ。
1水槽を簡単にたいらげる。
なにか対策は…ふと思い出した。
ある盆栽店で透明の筋のようなものが張り巡らせてあるのを思い出し
筋を山盛りかってきて設置。
たしかに上からは来ないが、横から入る。

色々格闘した末に、追い出しに成功。

その後である。
そばの清流、そばの田んぼで見ていた青サギがメダカ村へ。
なにせ1mはあるだろう。
一日に5~6水槽は食べ放題。
全水槽に網は張ってみたが、隙間から入りメダカを平らげて
落し物をごっそり残しおさらば。

サギはすごいと思う。
村長は毎日一時~二時起き。
真っ暗の中を家からメダカハウスへ。
青サギ、深夜の食事中。
村長を見るなり大きな羽音をたてギャーギャー騒いで飛び去る。
深夜の月夜明かりもないときに、サギは魚が見えるんだなと。
これにはぶったまげた。
そして村長はメダカ診察にはいる。
そうすると、外で過去に聞いたことのない音が…
がた!ゴト!
青サギやりたい放題である。
私が外に出ると10歩くらい駆け足で走り去り、そのまま暗闇に。
一月くらいは我慢しただろうか。
ありとあらゆることはしてみた。
しかし、どうしても、どうにも成らない。
毎日来る。網のスキマをぬって入ってくる。
たまりかねて、色々な罠を手に入れ、おとりも手に入れさそってみるが
なかなか簡単にはいかない。

村長、もう選別どころでは無くなった!!
やつが気になってもう仕事が手に付かない!
そして、我が家の大番頭、何でも屋の野津さん登場。
「おやじ、ちゃんとしたど」
あっというまに撃退。
内容については語りません。
このブログ、環境庁点検中です…
約2ヶ月の戦いにおいて、何万匹のメダカが…
皆さん、十分なる注意を!

しかし、自分はいつも思うのです。
当店のメダカ水槽の上に、全部網があったとするとどうも見苦しい。
サギ撃退後は何もないメダカ村で皆さんに楽しんでいただきたい。
[PR]
by medakanoyakata | 2009-12-16 16:40