めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2009年 10月 07日 ( 1 )

台風対策

非常に大きな台風が日本列島を直撃する模様。
945hPa。風速45m。
過去メダカ村は台風において散々な目にあってきました。
もしこの台風が、現在東シナ海を北上中であれば
本日1日、メダカ村スタッフ5人が総動員で台風対策にあたっているはず。
運よく広島は免れそうです。

この18号の進路予想…
今夜、もしくは早朝。室戸沖を通り紀伊半島を直撃模様。
今朝の4時の予想では紀伊半島5時頃。

メダカを始められてあまり台風など経験されたことのない方。ハウスを作られた方。
私が体験した盆栽で20年、メダカで10年の台風対策を書いて見ますので参考にしてください。
もうひとつ。
台風の中心よりも、絶対的に被害が大きいのは東100km~200km以内。
中心よりはるかに強い猛烈な風が吹きます。
進路予想を見ながら当てはまる地域の方、要注意ください。


発泡スチロールで飼育されている方は大雨対策として水を半分以上抜いておく。
ふたをする場合には、ふたが風で飛びますので必ず重石を置く。

野外ガラス水槽の場合は物が飛んできてガラス水槽直撃します。
周りから物が飛んでこないように要注意。

メダカハウスをお持ちの方、並のハウスであれば進路によってはビニールがぼろぼろになります。
骨組みもばらばらになる可能性があります。
そして大雨が降ればハウス内の水槽はすべてオーバーフローします。
電気配線があれば雨でショートします。電気はテンパールを落とすこと。
蛍光灯があれば電球を回収しておきます。
安全のためハウス内の水槽の水も半分抜いておいてもよいでしょう。
ハウス内の飛びそうなものは全ては子に詰め、屋内へ。

次に述べることはあまり参考にはしないでほしいが、私は過去の台風において全てこうしてきました。

広島を通ったいくつかの台風の9割以上が夜中かtら早朝、真っ暗闇の中です。
台風直撃寸前まで我慢してやがてビニールがあおられ、ビニールが飛ぶ寸前に
ビニールをカッターで切り、バンドも切り、ビニールをはずします。
いつ物が飛んでくるかわからないのでヘルメットを装着。
ビニールが風にあおられっぱなしにすると、骨組までばらばらになりハウスは破壊されます。

まだ色々対策はありますが、また気づいたら書きます。
できるのは本日の夕方までです。
今日中にできる対策をしましょう。

最後に、メダカグッズが風に飛ばされ家のガラスを割る可能性もあります。
グッズを一まとめにして屋内へ。

三重、和歌山、愛知、静岡は今回は要注意でしょう。
[PR]
by medakanoyakata | 2009-10-07 10:45