めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー

2008年 08月 17日 ( 1 )

なぜ早起きなのか③

盆栽修行志願。
給料・休日聞く必要なし。
ある年、7月1日より修行お願いします。
7時より園内の1時間清掃。
8時朝食。
10時・15時少々休憩。
終わったときが仕事終了。
親方がやめたときが仕事終了。
休日、1日と15日。
盆栽への水遣り(水くれ)、一人で約3時間。
一人のときは午前3時間・午後3時間、1日中水をやっていました。

 盆栽道ことわざ
   
   水くれ3年 

今盆栽がどれだけ水をほしがっているかわかるようになるまで、
毎日やっていても3年以上やらないとわからないということ。
メダカ歴1年生や2年生の人々、なにか参考になるのでは。
7番目の弟子ですが、5番・6番の兄弟子が優しかったので
本性を現し、生意気な弟子になりました。
2番弟子は超恐ろしく、30数年たった今でも、私、”はいっ!!”だけです。
恐い人がいることは、私みたいな性格には良薬です。

修行中に見た世界。
盆栽一本、10万、100万、1000万の世界。
目の前で取引される。
芸能人・相撲界の親方。
なぜか両手の指が8本しかない人。
体に絵を書いている人。
見たこと無いスーパーカーに超高級車。
カラス張り、風呂だけで30畳。
一生縁のない超豪邸。
私はとんでもない世界を見たのです。

修行させていただいたさつき園の親方は、
大正時代より一本のさつき会の流れを継ぐ唯一の人なのです。
筋道通します。
当然弟子も通します。
うまく言えないけれど、一言で言えば筋が通っているのです。
私はこの世界にて師匠に出会うことが出来ました。
以前のブログで何度かおだししていますが、
人生の師匠・心の師匠・私の目標とする師匠。
私の生きるための師匠三人に出会い、今も変わることはありません。
今後においても。
追いつきたい。
追いつけない。
人生に目標をもてるこの幸せ。

ハサミをあみに持ち替え、メダカに狂って約10年。
親方、無言。
一言、今やるべきことをやれ。
成功しろ。
内緒ですが、親方もメダ吉に・・・・・

1年の修行を終えたときです。
私の中に商売の芽が、さつき屋さんになるには??
芽生えてきたのです。
ただ盆栽を習いたくて修行の道を選んだのですが、
ある日親方におそるおそる一言。
”親方、朝新聞配達したいのですが・・・”



”ばかもーーーーんっ!!
お前何しに私のところへっ!!!”
一年間で初めて親方の怒りに触れました。


明日より京都に二日行ってきます。
また続けます。

人気blogランキングへはこちらより
[PR]
by medakanoyakata | 2008-08-17 17:31