めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2008年 04月 07日 ( 1 )

奇形が?①

本日掲示板にメダカ好き親子さんより質問。
近親交配は何代目までできるのか?
私が先輩より習った事。
専門書を読んでいた頃を思い出すに、
Aメダカ(オス1)×Bメダカ(メス1)交配。
子供をF1とし、ABメダカ。
ABメダカを4系統に分け、その4系統を20世代まで交配し続けなさい。
AB×AB=F2、孫メダカ。
F3をひ孫メダカと続き、F20まで続けなさい。
そして1水槽に卵が混ざらないよう、水槽ごとに網を用意しなさい。
そして、そのあいだに固定率が何%になるかにより、新種メダカと認める。
その%(パーセント)はいまだかつて確立されていない。
熱中症の村長は、90%以上を目標としている。
20世代の繰り返しですから、奇形など考えないでいいのではないですか?

人里はなれ、山奥の小さな池にメダカがいたとします。
人の出入りは、ほとんど考えない。
異種メダカが入ってこない限りそのメダカは50年、100年近親交配を続けた事になります。
今まで見た中で、天然メダカ、池のメダカ、奇形などほとんどありません。
唯一村長の記憶をたどると、その山深き池より奇形が発見され、ある大学に送られ、研究されたメダカがあるそうです。
現在でも、このような池であれば、その奇形は発見できる可能性があるそうです。
その研究されたメダカの子孫が現在のダルマメダカ(縮みメダカ)と記憶しています。
縮み、確かに奇形です。
良い方への奇形ですよね。
可愛いです。
現在のメダカブームは、このダルマメダカ君無しにはありえません。

本日、ブログネタが思いつかず、メダカ好き親子さん、良い質問を頂き返答させていただきました。


が、今後においては、ほとんど返答が無いに等しい村長です。
あしからず、すみません。

明日へ続く。


人気blogランキングへはこちらより
[PR]
by medakanoyakata | 2008-04-07 16:54