めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

久保ママの紹介

めだかの館 スーパーブリーダー「久保河内さん」こと久保ママ。
楊貴妃に出会い、楊貴妃に憧れ、めだかに取り付かれる。
商売柄、一本スジの通ったママ。
赤は赤!白は白!混ざりはどうも…
とおっしゃる。

楊貴妃からはじめた久保ママ。
なんと不思議なるか…東天光、初恋、朱天皇が産まれる。
これは、館の血統メダカであればそこまで不思議ではない。
運がいいと思う。
ただ、東天光がL~LL寸において、2色に見間違えるほど紅白に見える東天光には驚かされた。
(第1回めだか品評会にて入賞)
そしてサムライ確認。
その後、水泡眼(銘:加世)

なんと楽しきメダカライフを楽しんでいらっしゃる久保ママ夫妻と娘さん(加世)夫妻のメダカ珍道記。
館のホームぺージ「~声~」の欄に掲載しています。


久保系楊貴妃水泡眼、固定化への道。
コレまでの記録日記。そしてこれからの観察日記。
続けて頂けます。
是非皆さんご覧になってください。
この後も続く日記をお楽しみに。

全国のメダカ愛好家の方々。
久保系水泡眼兄弟メダカ、F1、久保系楊貴妃
お持ちの方で水泡眼発見の時は、めだかの館に写真掲載にてご連絡いただければ幸いです。
声の欄に掲載させて頂きます。



11月30日愛媛県松山市において、
日本めだか協会「松山姫ダルマ支部」結成懇親会が開催されました。
沢山の方があつまり、大成功。おめでとうございます。

裏方でがんばられた方々、お疲れ様です。
作りましょう。楽しみましょう。
めだか仲間と、めだか文化。
[PR]
by medakanoyakata | 2008-12-01 17:14