めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

4日目<出品への道>

前回の品評会より大幅に出品者数が増えました、この度の品評会。

総勢、53名様もの腕自慢の方が、御出品されました。

そこで今回は、実際に出品された方の声を、お送りしたいと思います。



錦の鳥屋 様
 (京都府・好きなメダカは「スモール・アイ」)


――今回、出品するにあたり、いつ頃から準備をされていたのでしょうか?

「昨秋の懇親会に参加し、帰り道にはイメージが出来ておりました。」


――具体的には、どういう事でしょうか?

「ペアリングです。『透明鱗系のスモール・アイ』を狙い、親メダカを選別し組み合わせてみました。」


――結果は、いかがでしたか?

「産まれました!!」


――それはすごい!!!

「でも・・・。稚魚の段階で・・・(以下略)。」


――話を変えましょう。ところで、今回は何部門に出品されたのでしょうか?

「全部で、7部門に出品しました。」


――何を基準に選ばれたのでしょうか?

「体色です。」


――出品されたメダカを、実際に会場で見た感想は?

「自宅以外の水槽、飼育水を泳ぐ姿を見たのは初めてなので、面白かったです。
中でも、他の出品者さんのメダカも全国各所、それぞれに全く違う環境で育てられ。それが同じ条件で展示されているのを見ると、次回への勉強、参考にもなり、目指すものが見つかった気がします。」


――それは?

「秘密です。」


――ちょっとだけでも???

「まぁ、秋の品評会を楽しみにして下さいよ。フフフフフッ・・・。」


――それでは、今日はありがとうございました。最後にひとこと?

「今回は、残念ながら懇親会には出席できませんでしたが、今秋の品評会や懇親会では、皆さんとお会いしたいです♪」



<インタビュー終了後>

「あっ、一つ言い忘れました・・・。カールさんをはじめ、連休中もフル稼働のみなさん、頑張ってください!!」


f0054079_16232962.jpg




以上、会場よりお伝えしました。


人気blogランキングへはこちらより
[PR]
by medakanoyakata | 2008-05-05 21:34 | メダカ品評会