めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

サムライとニックネーム

2001年、黒べえ誕生。
同年、黒べえとヒカリの交配により、黒べえヒカリ誕生。

1匹の黒いメダカの発見。
このメダカを見た人達の意見は、このメダカつまらん。
赤は好きだが、黒は可愛くない。
体が黒いだけで、見た人みんなに嫌われていました。

その頃は、メダカネームなんて考えもしなかった。
ただ黒いので黒べえと呼んでいただけでした。
黒べえとガラス越しに過ごした時間は何百、何千、何万時間でしょうか。
黒べえの話し、ホームページ内祖村長のメダカ体験記第11話へどうぞ。

黒べえとヒカリの交配。
ピュアブラックヒカリが産まれた時の喜びは言葉にできないものでした。

黒ヒカリをじっと眺めていると、眼光鋭く、動きは少なく、獲物を狙っているサメなどを思い浮かべ、何か良いニックネームはないかな?
背が高くおしゃれで、目が鋭く静かで動かない。
テレビで見た佐々木小次郎だ。
いい、小次郎がいい。
小次郎誕生!

小次郎に黄金を交配。
黄金ヒカリが誕生。
体色は茶。
小次郎と同じく眼光鋭く、じっと何かを狙っているような姿。
小次郎がいるのだから、巌流決闘のあの宮本武蔵がいい。
テレビで見る限り武蔵は身だしなみをあまり気にしないように見える。
髪の毛もボサボサの掛け軸を見たように思う。
薄汚れているようなイメージ。
だから茶系でいい。
武蔵の誕生です。

背ビレに刀のようなヒレのついたメダカ。
数年前までセルフィンと呼んでいました。
正式名称ではなく、メダカ村でのネームでした。
数年前、ブログ内にて、ある大事件がありブログランキング1位キープ、大人気のブログを保っているにもかかわらず、自ら全責任をとり、ブログ界から去った男がいます。
(現在も当掲示板に登場中)
その時のいさぎよさ、態度に私はサムライ魂を見たように思い、ある方のアドバイスもありブログ界から去った人をしのび、サムライメダカと改めました。

セルフィン×小次郎、セルフィン×武蔵の交配はとっくに終え、近日あちこちで別水槽にてサムライ小次郎、サムライ武蔵を発見されていましたが、近日千葉原宅において、兄弟メダカでサムライ武蔵、サムライ小次郎が発見され現在メダカ村で預かり交配中です。
なんてすごい事か。
なんと嬉しい事か。
村長にとって、ニックネームをメダカにつけだしてから、ネームがマッチングしたメダカは初めてです。

巌流メダカ、サムライ武蔵×サムライ小次郎。
どんな子孫を残してくれるだろうか。
原さん、あらためてありがとうございます。
子供が大きくなり次第、お送りしますので。


人気blogランキングへはこちらより
[PR]
by medakanoyakata | 2008-03-18 17:19