めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

つらい話

昨年、日本メダカ協会が設立されました。
皆さんのおかげで順調に進行中。
今日も何人かの入会者がありました。
4月の新年度が非常に楽しみです。

共同組合とか業者組合。
今に考えたのではなく、過去より業者との交流…
業者同士が繋がり、良きメダカ文化へという思いはありました。

私がネット販売を始めた頃には1~2店舗のネット販売業者があったように思います。
その数年後、関東より突然大々的にネット販売を始めたメダカ屋があります。
そのメダカ屋さんは全て当店より親メダカを購入されました。

一番有名な話をすれば…
当時アルビノメダカは2~3万円。
ずいぶん買って頂きました。
そのメダカ屋さん、魚のプロであったのでアルビノメダカは一気に繁殖。
私から数々のアドバイスもあったと思う。
アルビノメダカ。1年後には魚のプロによって大量繁殖され100円台に。

さて、今回は価格のことをとやかくでは無く
その業者さんを良きメダカ文化発展のために店を訪れた時の話です。

盆栽の仕入れのために約1,000キロ走り、埼玉、栃木にて盆栽の仕入れを終え
そのメダカ店を店主様に会うために高速を走りました。
明るいうちに到着との思いはあったのだが、冬場で日も短い。
しかも道を間違えついたのが薄暗い17時台であったと思う。
やっと辿り着き盆栽満載の重たい車を駐車場にバックでつけ、やっとここのご主人と対面。
私の頭の中では色々な想像をめぐらせ、今晩はこの地域にて宿泊しよう。
そうしようと考え、リラックスムード。
車を降り、ハウス2棟を横目に見ながら玄関先へ。
ドア、窓はあけっぱなし。しかし誰も出てこない。
勝手にハウス内を見学。
その後、ある男性が現れる。
「○○様ですか?」
「いや、違いますよ。」
そしてまたハウス内を見学。
数十分後、誰かが来たくしてきたような音。
しかしあいさつは無し。
あわてて奥で着替えをしたようだ。
そして到着後、一時間以上経過しただろうか。
初めてのご対面。

私は積もる話があり、近くに宿はありませんか?
とききました。
「ビジネスで結構ですか?」
どんなところでも結構です。

さつきについて、メダカ文化について、お酒を含め1杯いかがですか?
と私は聞きました。
答えがどうであったかは定かではない。
それではホテルまで案内しますからと、店主様。
そして彼ともう一人の方が車に乗り込み発信。
狭い駐車場であった。
私の車は盆栽満載のため簡単には身動きできない。
夕方のラッシュタイムである。
本道へでることも難しい時間帯です。
私が道へ出た頃には彼の車は見えなかった。
見えないから、またさっきの駐車場に。
30分。。。1時間。。。2時間と経過したが、彼は戻ってこなかった。

今思う、彼の一言がある。
「大場さん、私は売り逃げをしますから」
という言葉を聞いたような。
初めての町で、初めての人と出逢い、帰ってこなかったことを思い…
深夜高速道を広島へと向かった。

今でも脳裏に焼き付いている。
その高速道路の運転中の寂しさ。
これはいったい何だったのだろう。
なんという体験なんだろう。
やがてそのメダカ屋さんはネット上において急成長を遂げました。
先日話したメダカ屋さんの数年前に大成長を遂げました。

愚痴なような話ではあるが、私が体験した関東のメダカ屋さんの話し。


あの日を期に、そのメダカ屋さんとはなんらかかわりのない村長です。
[PR]
by medakanoyakata | 2010-02-19 17:19