めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

No.9カタログ作成中

1月中、No.9カタログの製作に追われ、スタッフ1人2人はカタログ製作に取り組み中。
早いもので、今回でNo.9である。
第1回、2回はプロのカメラマンにお願いした。
No.3からは自分達で挑戦。
No.?からは覚えていないが秀幸担当。
ここ数回、秀幸が担当。

最近、態度がでかいのある。
生意気なのである。
贅沢なのである。
昨年の写真は使いたくない。
どうせ出すなら写真を全部入れ替えたい。
全部というのは大変な作業である。
メダカの1番少ない1月である。
親メダカを残しているはずがない。
メダカ村中をかきあつめてもしれている。

村長、色々撮影メダカ準備するが、秀幸いわく体色悪い、骨曲がり、半ダルマ、ぶつぶつ苦情を言いまくる。
良いメダカは全部秋に売っとるじゃん。
親子喧嘩寸前である。

現在70%撮影終了。

ここ1週間、四国、埼玉、あちこちのアマチュア、プロをとわず、恥ずかしげも無く、親メダカをかしてください。
カタログ作成にご協力ください。
お借りしたメダカは撮影後、すぐにお返ししカタログに名前を掲載します。

そんなことで、ここ十数匹進行した。
ヒデの思いはまだまだであろう。
今月一杯は撮影が続く。
そして、内容の編集。
価格修正。

昨年、1万部カタログを作ったが、あまりの人気に今年は1万数千部作成予定。
制作費も数百万を超えそう。
嬉しいです。
やりがいがあります。
カレンダーを本にしてよかった。

改良メダカの記録を残すことができると思う。
現在のパソコン時代とは違い、写真で記録を残すことが重要。

大変な作業ですが、2月中にはほぼ目安をつけ、3月頭には皆様にお送りできるようスタッフ一同、がんばるけん。

楽しみにしとってや。
[PR]
by medakanoyakata | 2010-01-19 17:27