めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

奇跡

めだか村スタッフタカ。
紅系より貴重なめだか発見。
数十匹の中より新種めだかを思い、どうにかこうにか6匹オス2匹メス4匹を選別。
タカ、頭で想像。
頭でニックネーム”丹頂”。
M寸なりかけの若めだかである。
産卵場は村長担当。
産卵スタート。
毎日見るが卵確認できず。
さて4日の朝、2匹いく、星に。
翌日、また1匹星に。
翌日も見るのがいやであるが確認、また1匹星に。
残り2匹である。
村長、預かった責任、ほぼ丹頂は夢のごとく消え、残り2匹オスメス確認。
2匹のメスを次のめだかno
交配にまわす。
さて、6匹いた丹頂めだか。
残りの2匹を移動後、空になった水槽を見ながら、
さて、この水槽どうしよう??
あらってしますか、数日置いておくか。
産卵確認シール(毎日産卵を確認するシールことである)ゼロである。
村長勝手に判断。
2,3日暖かいとこにおいておこう。
2,3日後、奇跡であろうか6匹の稚魚を発見。
なんとこんな偶然が。
タカ出勤を待ってすぐに報告。
今後の話はまた後日報告。
なんと稚魚は次々と増え、丹頂の遺伝子は残ったのだ。
この話、楊貴妃の話にそっくりである。
興味のある方は”赤めだかへの道”をご覧ください。
楊貴妃スタート6匹です。
6匹から始まっためだかが。
その後楊貴妃と命名され現在のめだかブームの大ヒーローに。
さてタカ、丹頂めだか、遺伝子は残った。
どんなめだかに。
どんな結果に。
楊貴妃を超えるめだかになるのだろうか。
タカ選別による新種めだか。
結果お楽しみに。

新種めだかとは。
めだか文化とは。
日々、一歩一歩小さな一歩でいい。
後ろを振り向かない前進のみの一歩。


小さな一歩にお~~きな夢を。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-11-03 17:48