めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

手乗りメダカ

野生種のメダカを毎年千匹単位で掬い
廿日市市で行われる、
「さつき祭り」「すいれん祭り」
その他の行事にて約3000匹:10匹単位で子供達に配り
増やしていただき、その後もとの場所への放流。
そして地元の川への放流。
毎年続けています。

1000匹のメダカ、飼育水に慣れさせ、エサを食べるようになってから皆様のもとへ。
その間の飼育、結構大変なのです。
もうなれちゃいましたけど。
ただ、いつも思う。
野生メダカ、人影を見るなり…
逃げる、隠れる、暴れ泳ぎまくる。
掬うったって大仕事。大変です。
当然です。自然界のメダカですから。
弱い魚なのです。
身を守るための自然の行動です。

さて、逃げ回る、隠れまわるメダカ。可愛くない。
一度、タナゴを頂いたことがありますが、美しい姿にはビックリ!
こんな魚が川に!?
しかし、飼っていても泳ぐ姿を見たのは稀です。
姿を見せない魚でした。
そんなことにより、欲しいといわれる方に頂いていただきました。

さて、今日の本題に。
テレビ取材を受け入れた時、村長演出によってよくやるのですが
数百匹いるメダカの中に手をいれ、メダカを簡単に掬ってみせる。
すぐにメダカが寄ってきて、手の中に入ってくる。
手の中に入り、逃げるようでまた入ってくる。
手のひらで遊んでいる。
テレビ局の人、それを見てもシーン…あまり関心なさそう。
何度か義理で撮影していただいたのですが、
テレビ放映されたことはありません。
メダカが手の中で遊んでいるのですよ?
メダカからよってくるのですよ??
可愛いではありませんか。

ダルマメダカは手で簡単に掬えることがありますが
普通種のメダカを手で掬う。まず困難です。

完璧なまでに人に慣れているメダカ。
足音を聞くだけで、水槽を覗き込むだけで
よってくる。よってくる。皆よってくる。
エサを求めよってくる。
完璧なるペットメダカ。

2006年、広島県のペットランキングで堂々と4位に。
全国でもメダカがランキング上昇中。

メダカ村では、プランターをメダカの家に使用。
プランターに約30~40匹単位で飼育しています。
プランター清掃時、一網で簡単に掬える集団。
逃げて、逃げ回って、10網でも掬えない集団もあり。

メダカ村には、全国からブリーダーさんよりメダカ集団が引越してきます。
人により、育った環境により、全てメダカの動きが違います。
暖かい環境でそだったメダカ、そうでないメダカ。
明らかにメダカの動きの中に現れてきます。
ブリーダーさんの中には、我が家の池や田んぼを飼育場にしている方が何人かいますが
そこで育ったメダカは言うまでも無く、人の気配を感じると逃げ回るメダカに。
よってくるメダカと逃げ回るメダカと、可愛いのは?
当然、よってくるメダカです。

皆さんが、遊んでいるメダカ君はどっちのメダカですか?
人工によって、育ったメダカです。
ペットなのです。
人に慣れたメダカ飼育しませんか??


ブログランキング応援ありがとうございます。
皆様の応援が励みになります。
今後とも宜しくお願いします。

人気blogランキングへ
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-15 17:15