めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

珍種メダカ届く

東海・関西連合支部支部長の滝さんより、珍メダカがめだか村へ。
なんとなんと、はやばや幹之水泡眼が。
幹之の発見より1年半、他種への遺伝交配中に水泡眼とは驚かされた。
めだか村に11着。
15時までゆっくり水合わせ。
15時30分より撮影。
担当トシ君。
S寸にて撮影困難極める。
30分間格闘の末、水泡眼が見えればよし!
これでよしっ!!
記録は残した。
水泡眼確認。
スタッフOK。
幹之光確認。
幹之の青体色確認。
数万匹幹之の子供を見た村長。
99%幹之より産まれたメダカ。
そして水泡眼。
青幹之の特徴。
全てよし。

f0054079_17272845.jpg


2日前に、滝さんより写真入りのメールあり。
スタッフ全員確認。
水泡眼です。
そして本人よりめだか村に預けますので。
気遣いのきく人なのです。
片目珍メダカを含む、幹之強光メダカ十数匹と一緒に送っていただきました。
村長、プレッシャーです。
プレッシャーですが預からせていただきます。
水泡眼幹之の固定にむけ楽しみながら、苦しみながら預からせていただきます。

滝さんと幹之の出会い。
1年弱前、点光、弱光の幹之を5~6匹手にする。
冬場の温室管理により、1年間交配を繰り返し、強光を選別しF3にて水泡眼幹之を発見。
あまりにもすごすぎる。
あなたの観察度に敬服します。

メダカ品評会、やっていてよかった。
品評会に水泡眼が出品されたので、今では愛好家のみなさんのメダカを見る目、体型あり、体色あり、ヒレの変化あり、そして目にも。
みなさんのメダカを見る目がここまで集中。
品評会、今年の春もやりましょう。l
滝さん、ステキなメダカ預からせていただきます。

銀河話、明日へ続く。
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-07 17:24