めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スモールアイと錦メダカ

錦鯉に紅白あり。
やがてメダカでも作りたい。

現在メダカで錦メダカ(ブチメダカ)黄黒、ピンク黒あり。
赤めだか、白めだかあり。
ピンク黒錦メダカに赤を交配。
より赤く。
その後、白めだかと交配。
白体色に。
頭のなかで勝手に想像
7~8年より随分やったものです。

メダカ村に料理長あり。
超がんこ者。
だれの意見も聞かず完璧な錦メダカ目指し早5~6年。
確かにすごい錦メダカを作出している。
しかし、村長気にいらないムード。
料理長不満そう。

幹之メダカがメダカ村へ。
初めて来た頃の子供は錦メダカがゴチャゴチャ産まれる。
幹之メダカが雑種メダカであった証明。
それがまた良い錦メダカが産まれる。
幹之メダカ交配を繰り返し、約1年半。
現在1匹の錦メダカも産まれなくなった。

錦メダカはややこしい。
メダカは保護色機能があり、器の色により体色変化。

メダカ村でよくある、お客様との対話。
あちこち見学され、黒水槽より錦メダカを発見。購入希望。
そこで村長、講釈一言。
「このメダカ、選別後こうですよ。あ~ですよ。」
説明したにもかかわらず、黒水槽からガラス水槽に。
ガラス水槽から選別後お持ち帰りようの透明ビニールに。
クロス移送にいた錦メダカは透明ビニールのなかでややこしいピンク体色一色に。
お客さま、一言。
「このメダカいりません。」
何十回、何百回あったことか。

すいません…お客様の長電話により、明日へ続く…
[PR]
by medakanoyakata | 2009-03-01 17:25