めだかの館 館主の日記です。新種めだかを作る楽しさ、苦労、メダカで知り合った人々を紹介していきます。


by medakanoyakata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

難しかぁ~

赤メダカの発見。
赤メダカの追求。
赤体色固定。
99%固定。
楊貴妃完成。
何年かかっただろう。

幹之メダカ、出目メダカ、透明鱗メダカ、目前メダカ、次々と新種、珍種が現れる。
そのメダカで赤体色メダカを作りたい。
誰もが思うこと。
誰もが望むこと。
だれもが挑戦中。
当然私も。

しかし、出目メダカは雑種なり。
幹之メダカ、雑種なり。
見た目体色は各色あり。
しかし、遺伝子不明。

出目メダカ、黄、青、白、茶あり。
見た目体色の黄とピンクにて赤めだかと交配。
最短距離を望み交配。
F1にて4色出揃う。
体色比率は違うにしろ、雑種交配の結果なり。
F1より黄、ピンクを選別。
F2にて黄、ピンクが多くなれど、朱赤に近いメダカはほぼ無し。
F3にても同様。

琥珀、黄金、銀河を同様に交配してみる。
ほぼ結果として同じ。
体型遺伝、出目の遺伝は確認あり。
幹之の光遺伝も確認あり。
体色遺伝が難しい。
F2、F3、100匹中に1~2匹の遺伝は確認あり。
親メダカとして最低4~5匹ほしい。
しかし現れない。
数匹の確認では話題にしない。
話題にできない。

楊貴妃×透明鱗の交配。
交配ノートより、
17年10月透明鱗と出会う。

透明鱗交配No.1 楊貴妃スモールアイ×透明鱗 交配No.T-12
17年11月 楊貴妃ヒカリ×透明鱗の交配スタート。

そして3年を経過し、楊貴妃透明鱗、楊貴妃透明鱗ヒカリ、小宮メダカニックネーム「紅」、ほぼ完成。
楊貴妃透明鱗(No.楊33)、ほぼ完成。

初期交配のF1を全国に。
そしてその子孫に結果あり。
今春より紅、楊33をやっと販売可能。

19年秋、幹之メダカと出会う。
幹之メダカの進化過程に半年~1年。
親メダカ完成。
そして楊貴妃と交配スタート。
今だ結果は現れず。
3年で楊貴妃幹之メダカと出会えるのか。

出目メダカと出会い2~3年。
やっと出目メダカと仲良くなれる。
親メダカが増え、近日交配。
出目楊貴妃メダカとの出会い。
いつのことやら。


楽しき、厳しき、苦しき、楽しきメダカライフ。
[PR]
by medakanoyakata | 2009-02-15 16:55